FC2ブログ









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

鳶職人に犯された人妻(2)

ムッチリとした下半身を包み込むダークグレーのパンストと黒のフルバックショーツは、大量のローションによって失禁してしまったかのようにぐっしょりと濡れている。井上は濡れたパンストの腰ゴムを広げて右手をねじ込むと、クチュクチュと濡れた音を響かせて、肉感的な太腿や股間の膨らみにローションを塗り広げていった。
「ヒヒヒ。奥さん、ヌルヌルで気持ちいいだろう?」
「うぅっ」
いつも虫けら同然に見下している鳶職人に陵辱される屈辱に、恵理子は汗ばんだうなじを仰け反らせ、唇を噛み締める。
(許さない。絶対にこの男だけは許さないわ)
血も凍りつく屈辱に耐えながら、恵理子は胸の中で念仏を唱えるように井上への復讐を誓った。

260-1.jpg

「あっ!」
尻を撫で回していた井上の指先がフルバックショーツの隙間から侵入し、ムッチリとした尻肉の谷間に潜む禁断の蕾に触れた瞬間、恵理子は雷に打たれたような衝撃を受けた。
「も、もういい加減にしてよ!」
アカがたっぷりと詰まった鳶職人の黒ずんだ指先がその部分に触れていると思うだけで全身に鳥肌が立ち、恵理子は金切り声を張り上げる。そんな恵理子の硬く閉じた菊門を、井上は微妙な力加減で揉み始めた。
「あ、あぁっ」
恵理子は豊満な下半身を振り乱すが、井上の指先から逃れることはできない。井上は力任せに菊門をこじ開けようとはせず、柔らかいタッチで卑猥な膨らみを刺激する。武骨な容姿とは正反対の、まるで柔らかい羽毛にくすぐられているような繊細な愛撫に恵理子はカチカチと歯を噛み鳴らして、うなじを汗で濡らした。

260-2.jpg

硬く閉ざされた菊門は指先の淫靡な摩擦によって毒っぽく膨らみ、卑猥な収縮を見せ始める。それに連れて、尿意にも似た疼きがこみ上げてきて、恵理子は下腹部がジーンと痺れ始めた。
「やめて、もうやめてっ、あぁっ」
ダークグレーのパンストに包まれた豊満な下半身が艶かしくうねり、熟女の色気が漂う肉厚のある唇から荒い息が漏れて、恵理子に情感が迫っていることが井上にもはっきりと分かった。

260-3.jpg

「奥さん、どうした?何だか色っぽい声が漏れてきとるぞ。ヒヒヒ」
いつも井上たち鳶職人を虫けらのように見下している高慢な恵理子が、厚化粧の頬を紅潮させて、官能の疼きに耐えようとする苦しげな表情が井上には痛快でならない。
井上はたっぷりと時間をかけて恵理子を焦らし狂わせてやろうと考えていたが、ローションの滑りが肉の摩擦を奪い取り。ほんの少し力を込めただけで、指先は菊の蕾に飲み込まれてしまった。
「あひぃっ!」
その瞬間、恵理子は全身を串刺しにされたような衝撃を受け、脂汗が滲む首筋を大きく仰け反らせて絶叫を漏らした。
「なんや。ケツの穴が緩いから、すっぽりと指が入ってしもうたわ」
計算外の展開に苦笑いを浮かべながら、井上は恵理子の菊肉の構造を指先で確認する。四十を超えた年増女の花肉は沸騰した樹液を滴らせ、指先が火傷しそうなほどに熱く火照っている。この熟し切った熱い花肉が股間のイチモツに淫らに吸着してくる様を想像すると、女日照りの生活を送る井上の股間が鉄のように硬くなった。

260-4.jpg

「牝犬!さっさと歩かんかい!」
応接間のドアノブに右手をかけた井上は声を荒げ、左手に握り締めている縄尻をグイッと引っ張った。井上の約二メートル後方を、恵理子は苦しげな表情でついて歩いている。井上の左手に握られている荒縄のもう一方の縄尻は、恵理子の豊満な下半身に厳しく喰い込んでいるのだ。
「ヒヒヒ。縄が擦れてたまらねえか?」
「うぅっ!」
井上が縄を手繰り寄せると、恵理子の唇を塞ぐ赤いギャクボールから濃厚な唾液がポタポタと滴り落ち、廊下を濡らした。

260-5.jpg

ムッチリと脂が乗った尻肉の谷間を荒縄でえぐられた直後は、脳天が痺れるような激痛に襲われて、全身の毛穴から脂汗が噴き出した。だが時間が経過するとともに激痛は徐々に和らいでいき、代わってとても言葉では言い表せない被虐の疼きがじわじわとこみ上げてきて、恵理子は量感のある尻肉をモジモジと悩ましげに揺らし始めるようになった。恵理子は自分でも気付かぬうちに、喰い閉める荒縄を樹液で濡らしていたのだ。
井上は手繰り寄せた恵理子の腰を蹴り上げ、ソファーの上に押し倒した。

260-6.jpg

「今日からお前は俺の飼い犬や。ご主人様の命令は何でも聞くんやぞ」
井上は肉付きの肩を抱き寄せ、恵理子に言い聞かせるように耳元で囁いた。
臭い口臭を耳元に吹きかけられて全身がゾッと粟立ったが、今の恵理子にはその汚辱感がたまらない被虐の疼きとなった。
「こんなにしっぽりと縄を濡らしやがって。親方がインポで欲求不満が溜まってんだろう?」
井上は指先で股に喰い込む荒縄を引き上げながら、舌の先を耳の穴に突っ込んで、濃厚な唾液を流し込んだ。
「んんぅっ!」
ナメクジのように粘っこい舌を耳の穴にねじ込まれて、ギャグボールから更に大量の唾液が滴り落ちる。耳は恵理子の性感帯の一つで、ココを責められるとたちまち体に火が点いてしまうのだ。

260-7.jpg

井上たち職人は陰で親方の勝之がインポであると噂しあっているが、それは正確ではない。確かに勝之は糖尿病を患ってからすっかり男性機能が弱くなってしまったが、夜の夫婦生活は何とか成立することができた。
だが夜の夫婦生活が可能であることと、妻が女の悦びを得られるかどうかは、全く別の話だ。恵理子は派手な外見そのままに、夜の夫婦生活はかなり激しかった。一旦官能の火が点火されると自分を見失い、隣の部屋で年頃の息子が机に向っているにもかかわらず、ベッドのシーツを掻き毟って獣のような悦びの声を張り上げた。
そんな恵理子にとって夫が糖尿病を患ってからのこの三年間は蛇の生殺し状態であった。なまじ夫婦生活が成立するだけに体に官能の火が点けられるが、完全燃焼する前にその火を消されるのだからたまったものじゃなかった。ある夜、恵理子は久しぶりにあと少しのところで絶頂に到達しそうになったが、淫らな尻の動きに堪えられず、勝之は力尽きてしまった。寸前のところでおあずけを喰らった恵理子は頭にカッと血が昇り、自分を見失って、「この役立たず!」と夫を激しく詰ってしまったのだ。

260-8.jpg

「このムッチリとしたド助平な体で、旦那がインポじゃ、夜も寝れないんじゃないのか?」
井上はテーブルの上に並べていた淫具の中から電動マッサージ器を選んでスイッチを入れた。
「ワシら職人にこうやってレイプされることを妄想して、チンポをしごいてたんとちゃうか?」
「ひぃっ!」
井上がマッサージ器の丸い先端を肌に押し当てると、恵理子は引きつったような悲鳴を張り上げ、拘束された体をよじらせた。
脂が乗って熟し切った豊満な肉体には、積り積もった欲求不満が膿のように化膿し肌を疼かせている。その火照った肌に淫靡に振動する電動マッサージ器を押し当てられて、恵理子は瞬く間に燃え上がってしまった。

260-9.jpg

「もう駄目っ」
赤いギャグボールを外されると、口の中に溜まっていた大量の唾液とともに、恵理子は悦びの声を吐き出した。ダークグレーのパンストと黒のフルバックショーツには見事に勃起した肉棒の卑猥な姿が浮かび上がっている。その肉棒の裏筋を丸い先端で撫で上げられた恵理子は、薄汚い蔦職人の目の前で恥を晒す覚悟を決めた。
「駄目、もう駄目なのっ。出ちゃう、出るわっ」
恵理子は厚化粧の下に隠していた淫婦性をもう隠しおくことができなくなった。恵理子はどす黒い歯茎を剥き出しにして笑っている井上に見せ付けるように、ソファーから浮き上がらせた下半身を淫らに振り乱した。

260-10.jpg
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[ 2011/11/26 18:15 ] 妄想小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aokieriko.blog84.fc2.com/tb.php/94-38907952







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。