FC2ブログ









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

不祥事の代償(3)

「さすがは売春婦だけあって、凄い乱れようじゃねえか」
涎を垂れ流しにしてヨガリ狂う恵理子の姿を松村は鼻で笑った。
松村の同僚の運転手たちは、恵理子のことを所長御用達の売春婦と呼んでいる。色仕掛けで所長の野村を骨抜きにし、女帝を気取って職場でふんぞり返っているからだ。

251-1.jpg

「ここに来る前に同僚に電話で聞いたんやが、あんた今日は生理休暇なんやって?ふん、こんなに助平汁を垂れ流しにしとるくせに何が生理や。この証拠写真を市長に送ったら、完全に懲戒免職やな」
松村は恵理子の太腿を左右に開いて陰部を剥き出しにして、携帯電話で写真を撮影した。

251-2.jpg

「勃起したチンポまでしっかり写っとるわ。これでお前はもう所長の売春婦と違って、ワシの公衆便所や。イヒヒヒ」
もうこの男には逆らうことはできないと分かっていながらも、恵理子は怒りに燃える切れ長の目で松村を睨みつける。だが松村が股間の肉棒を掌に包み込み、上下にしごき始めると、尿意にも似た快感が下腹部にこみ上げてきて、恵理子の最後の抵抗は呆気なく吹き飛んでしまった。

251-3.jpg

「どうや、ワシの方が所長よりもチンポしごくのはうまいやろ?女房に逃げられてから寂しい独身生活を送ってきたからな」
松村は肉棒の扱いだけは充分に心得ているといった調子で見事に勃起した肉棒を粘っこく揉み上げていく。松村の技巧に嫌悪と快感がドロドロに混ざり合っている恵理子はもう何が何だか分からなくなり、「やめろ、この変態!」、「汚い手で触るな!ヒラ運転手!」と無意識のうちに悪態をついた。
「ヒヒヒ。そんなこと言っても、もうチンポがピクピク痙攣して、ザーメンが溢れてきとるぞ」
年増盛りの肉体はもう恵理子自身にも手の施しようがないほど激しく燃え盛っており、恵理子は恥を晒す覚悟を決めた。

251-4.jpg

「く、悔しいわ!あんたみたいな男に!」
こんな下種な男に絶頂を味わわされるのかと、恵理子はボロボロと悔し涙を流したが、松村が発作直前の肉棒を唇に咥え込み、指に代わって頭を上下に降り始めると、悔し涙は歓喜の涙へと代わった。
「だ、駄目っ、ひ、ひぃっっ!」
「ジュボ・・・ワシの・・・ジュボ・・・口の中に・・・ジュウウウ・・・ドバッと出すんや・・・ジュボボッ」

251-5.jpg

身の毛もよだつ卑猥な音を響かせながら、松村は禿げ頭を上下に振り、卑猥な吸引力を発揮する。くっきりと浮き上がった裏筋を肉厚のある唇で摩擦される壮絶な快感に、恵理子は松村への嫌悪感も忘れて、絶頂を極めた。
「いく、いくっ、いくっ、いくわっ」
恵理子は目も眩む壮絶な快感を貪欲に味わおうとはしたなく腰を突き上げ、松村の禿げ頭を抱きかかえる。放出された大量の愛液は凄まじい吸引力によって吸い上げられ、松村の大きな喉仏が何度も上下に動いた。

251-6.jpg

所長の野村との待ち合わせ時間から三十分が過ぎ、さきほどから恵理子の携帯電話がひっきりなしに着信を知らせている。だが恵理子は電話に出る事ができない。松村に背後から尻を抱えられて、恵理子は桃源郷をさまよっているのだ。
「もっとケツを振らんかい。このド淫乱が」
松村が平手を打ち落とすと、豊満な尻肉がブルンと揺れて、恵理子は短い悲鳴を張り上げる。恵理子は命令に従い、松村の男根を咥え込んでいる尻肉を上下左右に振り乱した。

251-7.jpg

昨日まで松村を虫けら同然に見下していた高飛車な人妻事務員が完全な性奴隷に成り下がった姿を、松村は背後から痛快な表情で眺めている。恵理子の卑猥な吸着力に松村は天にも昇る気持ちだったが、酒に酔っていることもあって、もうこの体勢で一時間近く恵理子を責め上げている。
この一時間の間に恵理子は数え切れない回数の絶頂に到達している。火のように熱く硬化した男根に責め続けられる恵理子は屈辱もプライドもドロドロに蕩け、頭の中はピンク色に染まって、色事のことしか考えられない思考回路になってしまっているのだ。

251-8.jpg

「助平なケツの動きやないか。そんなに硬いチンポが好きか?」
「好き!硬いチンポ大好き!」
「ワシと所長とどっちのチンポの方が硬いんや?」
「そんなの比べ物ならないわ!松村さんのチンポの方が硬いに決まってるでしょう!?」
「そうか。ほなもうひとつだけ聞くけど、地位の高い男とチンポの硬い男とやったら、どっちが好きなんや?」
「チンポよ!チンポの硬い男の方が好き!チンポの硬い男が大好きなの!」
終わりの見えない色地獄に精神を完全に破壊されてしまった恵理子はテーブルの上に涎を垂れ流しにしながら、下劣な言葉を連呼して巨大な尻を振り乱した。

251-10.jpg

スポンサーサイト
[PR]

[ 2011/10/20 21:14 ] 妄想小説 | TB(0) | CM(2)

ストーリー、恵理子マダム最高に興奮します。
最後の画像での脚、ふくらはぎのラインがまたたまりません。その脚からは大人の女性のエロい香りがプンプンしてるんでしょうね。今度は膝下まで伸ばした黒ハイソックス姿見たいです。黒ハイソックスベテラン事務員さんとか、スポーツハイソックス穿いた奥様、ママさんバレーボール、コーチとの不倫・・・これからも注目しております。
[ 2011/10/22 13:31 ] [ 編集 ]

パパ様

コメントありがとうございます。
私、脹脛はむっちりしてるんですよね。
ハイソックスは穿いたことはありませんが、ナイロンストッキングを穿いた画像はたくさんありますから、またアップしますね。
[ 2011/10/23 22:34 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aokieriko.blog84.fc2.com/tb.php/85-d470fd86







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。