FC2ブログ









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

淫夢(3)

「あ、あぁ、あっ」
女性器に瓜二つの構造をした唇に勃起した肉棒を吸引される恵理子は、ゴージャスにカールされた髪を振り乱して悶絶している。醜い化け物に陵辱される恐怖は、下腹部から肉棒の先端にこみ上てくる煮え滾った快感に掻き消されて、恵理子は悦びに打ち震えた。

224-1.jpg

「あぁ、そんなに動かさないでっ」
化け物の唇は鉄のように硬化した恵理子の肉棒にぴったりと吸着したまま上下に反復運動を繰り返す。その度にヌチャヌチャと艶かしい肉ずれの音が響いて、恵理子の瞼の裏に真っ赤な火花が飛び散った。
「もう駄目、いくっ」
恵理子はソファーの上ではしたなく腰を突き出し、悦びの飛沫を噴射する。沸騰した人妻の大量の射精液を、化け物は一滴残らず飲み干した。

224-2.jpg

恵理子は壮絶な射精を終えて放心状態となっているが、その余韻に浸ることは許されなかった。
「ひ、ひぃっ」
謎の生命体は射精液を吸い取った唇を大きく開いて鋭利な歯を露出すると、パンストの股間部分を引きちぎり、続けてパンティをただのボロ布に変えて恵理子の羞恥の一帯を剥き出しにした。

224-3.jpg

「あぁ、それだけは堪忍して・・・」
謎の生命体はもう一方の先端は、恵理子の唇の愛撫で硬く勃起し、男根そのものの姿を呈している。その先端が剥き出しとなった恵理子の薔薇の蕾をめがけてくねる姿を見て、恵理子はそれだけは阻止しなければならないと、両手で羞恥の一帯を覆い隠した。
だがその両手を反対側の先端で縛り上げられ、再び剥き出しとなった薔薇の蕾に勃起した先端が触れると、恵理子は何もかも忘れて狂乱した。
謎の生命体は恵理子を焦らし狂わせるようにゆっくりと時間をかけて勃起した先端を沈めていく。人妻の熟した蕾はそれに答えるように甘美に膨らみ、グロテスクな肉塊を卑猥に包み込んでいった。

224-4.jpg

「あぁっ」
ついに謎の生命体の侵入を許した恵理子は、その瞬間、熱く熱せられた鉄の棒で体の中をえぐられるような壮絶な汚辱感に襲われ、汗に濡れるうなじを反り返して切ない悲鳴を絞り上げた。
生命体は狭苦しい花びらの中をじわじわと前進していく。煮え滾る粘膜を無数の脚でくすぐられ、硬く勃起した先端で人間の男では到底届かない未踏の地を摩擦される恵理子は、灼熱の悦楽に狂喜乱舞し、ソファーの上で豊満な肉体を悶絶させた。
とてもこの世のものとは思えぬ陰湿で壮絶な快感に、つい先ほど射精を終えたばかりの肉棒をすでに回復し、見事な反り返りを見せている。その肉棒を再びもう一方の先端に包み込まれた恵理子は、前と後ろを同時に責められる肉の悦楽にあっけなく崩壊し、全身をひきつらせたまま意識を失ってしまったのである。

224-5.jpg

しばらくしてから恵理子は目が覚ましたが、ソファーから起き上がることができなかった。全身が鉛のように重く体を動かすことができなかったのだ。
恵理子はソファーに寝そべったまま周囲を見渡したが、謎の生命体の姿は見当たらなかった。
(・・・夢・・・そう夢よね・・・)
恵理子はまだぼんやりとしている頭の中でそう呟き、また静かに瞼を閉じた。
恵理子は不眠の原因となっている淫夢をまた見てしまった。恵理子はこれまで淫夢の中で様々な男に陵辱されてきたが、今日の淫夢はこれまでの中で最もリアリティがあった。恵理子は先端が痺れている手の指で重い体を擦ったが、肌には壮絶な淫夢の余韻が残っていて、思わず唇から熱い吐息が漏れた。
恵理子は無意識のうちに右手をストレッチパンツの中に伸ばしたが、そこでハッとなってソファーから飛び起きた。
恵理子はもう一度部屋の中を見渡したが、謎の生命体の姿はやはり見当たらない。恵理子はストレッチパンツを太腿までずり下ろし、恐る恐る視線を下に落とした。
桜色に火照っていた恵理子の顔面が見る見るうちに蒼ざめていった。豊満な下半身を包み込んでいるパンストは無残に引きちぎられ、穿いていた筈のパンティはどこにも見当たらなかったのだ。 おわり

224-6.jpg

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[ 2011/05/24 14:20 ] 妄想小説 | TB(0) | CM(1)

待ち遠しかったのよぉ。

恵理子様、奈々です。本当に待ち遠しかったの。 恵理子様の熟成した美体、麗しいです。 パンストに包まれた勃起と蕾、あぁ奈々もう狂っちゃうぅぅ。 奈々も黒パンストとボディスーツとヒールを身に着けて恵理子様のお姿を眼に焼き付けながら激しく逝きますぅぅぅぅぅぅ。
[ 2011/05/24 14:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aokieriko.blog84.fc2.com/tb.php/58-d862fcef







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。