FC2ブログ









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

淫夢(2)

謎の生命体は恵理子の唇の中に大量の体液を放出したが、それだけでは満足せず、夢に出てくる男たちと同じように、恵理子の肉体を陵辱した。
「や、やめてっ」
頭部側の先端が腰ゴムに潜り込み、ストレッチパンツをずり下ろされそうになった恵理子は、ヌルヌルとした胴体を何とか鷲掴みにして引きずり出そうとするが、もう一方の先端の尻尾側が左右の手首に巻きついてきてその動きを封じられた。謎の生物は自由を奪った恵理子の足首からストレッチパンツを抜き取り、ムッチリと脂が乗った人妻の下半身が露になった。

223-1.jpg

謎の生命体は豊満な人妻の肉体の柔らかさを楽しむように、恵理子の肌の上を這い回り始めた。
まるで巨大なミミズかナメクジかといった不気味な生物が肌の上を這い回るおぞましさはとても言葉では表現できない。恵理子はこの恐怖から逃れるために気を失ってしまいたいと思ったが、その願いは叶えられなかった。

223-2.jpg

肉眼で確認することはできないが、生命体の腹の部分には、細く短い脚がびっしりと生えている。移動する際、生命体はその無数の脚をムカデのようにサワサワと動かして肌の上を這い回るのだ。
「あ、あぁっ!」
まるで何本、いや何十本という男の手で肌をくすぐられているような壮絶な刺激に、恵理子はソファーの上でのたうち回った。

223-3.jpg

不気味な生命体に肌を汚される恐怖に恵理子は唇を噛み締めて耐えているが、やがてその唇が徐々に半開きになっていき、昂ぶった声が漏れ始めた。無数の脚に肌をくすぐられる官能の疼きが、化け物に襲われる恐怖を上回り始めたのだ。
(だ、駄目、駄目よっ)
恵理子は浅ましい肉体の反応を掻き消そうとするが、人間の指の愛撫では経験した事のない壮絶な疼きに官能の炎が真っ赤に燃え上がって、恵理子は狂乱した。

223-4.jpg

パンストとショーツに包まれた股間には、人妻の欲情の昂ぶりがはっきりと示し始めている。謎の生命体はまるでその変化に興味を示すかのように腰ゴムを掻き分け、肉棒が勃起するショーツの中へと潜り込んだ。
「ヒ、ヒィッ!」
狭苦しいショーツの中に、生命体の頭部が潜り込んできて、恵理子はつんざく様な悲鳴を漏らした。謎の生命体はヌルッとした胴体ですでに鉄のように硬化している肉棒に絡まってがんじがらめにする。そうして肉棒を締め上げておきながら、例の無数の脚をサワサワと動かして肉棒をくすぐり上げるのだ。

223-5.jpg

「ヒ、ヒィッ、す、凄い、こんなの、こんなの初めてよっ」
恵理子は髪を振り乱し、唇から涎を垂れ流しにして悶絶する。不気味な化け物に陵辱される恐怖は、火のような官能の疼きに脳裏から跡形もなく消え去ってしまっていた。

223-6.jpg

「あ、あぁ、もう出る、出ちゃうわ!」
壮絶な疼きが勃起した肉棒の先端にこみ上げてきた恵理子は、まるで夫に対するように謎の生命体に訴えた。すると生命体は長い体をくねらせ、ショーツに潜り込んでいる頭部とは反対側の先端を恵理子の目の前に移動させると、パックリと口を開いた。
「!!!」
謎の生命体が口の器官を持っている事も驚きだったが、それ以上に恵理子を驚愕させたのは、その内部構造であった。目の前でパックリと開いている生命体の口部内は女性の性器と瓜二つの構造をしているのだ。

223-7.jpg

生命体は艶かしい薄桃色の肉襞が複雑に重なった唇で恵理子の勃起した肉棒を呑み込んでいく。その瞬間、恵理子は腰骨が砕かれたような壮絶な快感を味わった。
「あぁっ!もっと、もっと!」
生命体はヌルヌルとした肉襞で膨張した亀頭にぴったりと吸い付き、全身をくねらせるようにして肉茎をしごき上げていく。とてもこの世のものとは思えぬ壮絶な快感に恵理子は自分を見失い、化け物に犯される悦びに悶絶した。

223-8.jpg
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[ 2011/05/11 16:12 ] 妄想小説 | TB(0) | CM(1)

堪能しました。

恵理子様、御返事ありがとうございます。まるで恵理子様と会話してるようでこの上ない喜びです。 今回は奈々のリクエストに応えていただいたようなパンストとショーツの神々しいお姿。 恵理子様の悶絶する美顔を目の当たりにして奈々もアクメに達しますぅぅぅぅぅ。
[ 2011/05/12 02:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aokieriko.blog84.fc2.com/tb.php/57-65b4d42c







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。