FC2ブログ









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

高飛車女校長 悶絶調教(3)

青木祐子は母からのメールを受け取った後、早速夕飯作りに取り掛かった。メールで大学教授の父親に帰宅時間を尋ねると、今電車に乗ったところだから一時間後には帰れると返信があった。祐子はその時間と冷蔵庫に入っている食材からメニューを考える。ご飯を炊き、鯖の味噌煮、茶碗蒸し、ほうれん草のおしたしが完成したところで、ちょうど父親が帰宅した。
救急病院に運ばれたという陸上部員の安否を気遣いながら二人が食事をしていたその時、恵理子は病院ではなく用務員室で、『後家殺し』の恐ろしい効能に悶え苦しんでいた。
この何とも卑猥な名前を持つクリームは最高級の媚薬とヘロインから作られている。もちろん一般に出回っている商品ではなく、ヤクザが狙った女を堕とす時に真珠入りのナニに塗り込んだり、有閑マダムに貢がせたいホストが使ったりと、その筋のプロの男たちが使用している特注品である。澤村は飲み友達であるチンピラから、この媚薬クリームを譲ってもらったのだ。
『後家殺し』の効果は絶大で、どんなに身の固い女でもこのクリームを塗られればたちまち身体が火照り出し、男が欲しくて狂い泣きするという。

331-1.jpg

澤村は手に入れた『後家殺し』を一度だけ使ったことがある。相手は才色兼備と評判の三年生の女子生徒会長である。澤村は生徒会の仕事で夜遅くまで学校に残っていた生徒会長を用務員室に引きずり込み、縛り上げてレイプしたのだ。
生徒会長はあまりの恐怖に泣き叫んでいたが、『後家殺し』を下の唇に塗り込まれるとすぐに泣き止み、澤村の愛撫に自ら腰を動かすようになった。生徒会長はレイプによって処女を奪われるという悲劇と、絶頂へと昇り詰める女の悦びを同時に経験したのである。澤村が『後家殺し』を使ったのは、生徒会長以来恵理子が二人目である。

331-3.jpg

麻縄に塗り込まれた『後家殺し』にドロドロに溶かされてしまった豊満な肉体は、恵理子の意思ではとても制御できないほど激しく燃え上がってしまっている。それでも恵理子は歯を食い縛り、夫や娘のことを頭に浮かべて邪悪な肉の疼きに打ち勝とうとした。
白い靄がかかったようにぼやけた視界に、ビールを飲んで楽しそうに笑っている澤村の姿が入って恵理子はハッと我に返った。なぜ校長であるこの私が、薄汚い、下種な用務員にこんな目に遭わされなければならないのか。あまりの理不尽さに怒りが沸点へと達し、恵理子は大きく見開いた目で澤村を睨みつけた。

331-4.jpg

「そんな顔をしても、クリトリスを勃起させていたんじゃ怖くも何ともないぜ」
澤村は先ほどと同じように恵理子の背後に回って身体を羽交い絞めにすると、酒臭い息を耳の穴に吹きかけ、股間に手を伸ばした。
「これほどクリトリスが大きい女は見たことがねえ。校長先生、どうやらあんたには淫乱の素質があるようだな」
澤村はそういうと、パンストにテントを張っている肉棒を握り締める。その瞬間、勃起した肉棒に壮絶な快感が走って、恵理子は身体を弓なりに反り返らせた。
「ヒィィィィッ!」
「この俺様があんたの隠れた素質を開花させてやるからな」
澤村はパンスト越しに硬く勃起した肉棒を握り締め、卑猥な手つきで上下にしごき始める。亀頭が張り付いたパンストのナイロン地に白濁の染みが見る見るうちに広がっていった。

331-5.jpg

「あぁ、澤村さん、もう私をいじめないでっ」
澤村の手慣れた指の摩擦に、沸騰した肉の悦びが肉棒の先端にまでこみ上げてきて、恵理子は激しく狼狽した。この卑劣な男の前で恥を晒すのは絶対に嫌だと恵理子はわずかに残された自尊心を奮い立たせようとするが、猥褻な指の動きの前ではそんなものは何の役にも立たず、亀頭から滲み出る白濁の淫汁の量がますます増量していった。
(あぁ、もう駄目、我慢できないっ)
瞼の裏で赤い閃光が火花のように飛び散り、恵理子は恥を晒す覚悟を決めた。だがその次の瞬間、澤村は不意に指の動きを停止させたのだ。
「まだ逝かせねえよ」
澤村は不気味な笑みを浮かべてそう言うと、安堵と失望が入り混じった表情の恵理子を尻眼に、また押し入れを開けて何かを取り出した。澤村が取り出してきたのは折り畳み式の作業台のような物であった。
用務員室の角にセッティングされた作業台は人間の腰ほどの高さで、木製の天板はレバーによって開閉する仕組みになっている。澤村はレバーを操り、二枚の天板の間にスペースを作ると、これも押し入れから取り出した電動マッサージ機を挟み込んだ。
「これは俺様特製の三角木馬だよ。イヒヒヒ」
突如として現れた恐ろしい拷問具に、恵理子の火照った身体がブルッと震え上がった。

331-6.jpg

「誰か、誰か助けて頂戴っ!」
不気味なぐらいに静まり返った深夜の校舎内に校長である恵理子の悲鳴が響き渡る。だがもちろん、こんな時間にその悲鳴を耳にした者は誰もおらず、恵理子は澤村特製の三角木馬の上に乗せられ、両足首を足枷で固定されてしまった。
「ねえ、お願いだからもうこんなことやめて。今、私を家に帰してくれたら、パチンコのことは誰にも言わないわ。それは絶対に約束するから、だから私を許してっ」
三角木馬に跨がされた恵理子の股間の膨らみには、電動マッサージ機の丸い先端がピッタリと押し当てられている。この状態で電動マッサージ機のスイッチが入ればどうなってしまうかは、火を見るより明らかである。恵理子は校長のプライドを投げ捨て、用務員である澤村に涙ながらに懇願した。
いつもは高飛車な女校長がムッチリと脂が乗った巨尻を剥き出しにしながら、涙を浮かべて許しを請う姿に、澤村は何とも言えない痛快な気分になった。そしてもっと淫靡な責めでこの女校長を泣き狂わせ、色地獄へ引きずり込んでやりたいというサディスティックな欲望が沸々と煮えくり返った。  
「別に黙って貰わなくても結構だよ。ただ俺も校長の弱みを握らせてもらうよ」
恵理子と対面する部屋の角に、いつの間にか三脚が取り付けられたビデオカメラが置かれている。澤村はビデオカメラの録画ボタンを押し、続けて電動マッサージ機のスイッチを入れた。
「色地獄に堕ちるんだな」

331-7.jpg

スイッチが入った瞬間、電動マッサージ機の丸い先端が凄まじい回転数で振動を始めた。その淫靡な振動を股間の膨らみで受け止めなければならない恵理子は、全身の血を一気に沸騰させる壮絶な快感に汗ばんだうなじを大きくのけ反らせ、悲鳴を絞り出した。
「駄目、これは駄目よ。あ、あぁっ、あひぃぃぃぃぃっ!」
恐ろしい正確さで淫靡な振動を生み出す電動マッサージ機に肉の膨らみを揉みほぐされて、恵理子は言語に絶する肉の悦楽を味わっている。校長、人妻、母親という仮面が電動マッサージ機によって剥がされ、生身の女として肉の悦楽にヨガリ狂う恵理子の姿に、澤村の興奮も最高潮に達した。
(若い女もいいが、熟れ切った年増女もたまらねえな。イヒヒヒ)
女校長の馬鹿デカイ尻のダンスに触発されて、澤村の股間が荒れ狂っている。澤村は薄汚れたジャージに手を潜り込ませ、男根を取り出すと、恵理子の目の前に突き出した。

331-8.jpg

「校長、ドパッと射精したら、次はこのナニで狂わせてやるからな」
澤村が右手に握り締める男根は完全に勃起していて、天井に向かってたくましい反り返りを見せている。黒光りする肉の表面には太い血管が何本も走っていて、遠目にもドクドクと脈打つ様子が確認できた。
「あぁ、あなたは何て恐ろしい男なの・・・」
大学教授の夫とは比べ物にならない澤村のたくましい男根を目にした恵理子は、この男には絶対に敵わないと敗北を認めた。敗北を認めた瞬間、今までの平穏な生活の中では経験したことのない妖しい被虐の欲情がこみ上げてきて、恵理子はついに悦楽の極限へと到達する。
「あぁ、もう我慢できない、逝く、逝くわっ」
恵理子はとても四十路過ぎとは思えない大量のザーメンを射精した。その大量のザーメンは電動マッサージ機の凄まじい振動に乗って部屋の壁や天井や床に飛び散っていく。澤村の体臭が染み込んだ男臭い用務員室に女校長の蒸れた淫臭が加わった。

331-9.jpg
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

[ 2013/05/25 11:05 ] 妄想小説 | TB(0) | CM(1)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/05/25 14:55 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aokieriko.blog84.fc2.com/tb.php/165-69a82c23







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。