FC2ブログ









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

高飛車女校長 悶絶調教(2)

330-1.jpg

「校長先生、すぐにたまんねえ気分にさせてやるからな」
澤村は小型冷蔵庫から取り出した新しい缶ビールを喉に流し込みながら、悶え苦しむ恵理子の姿を嬉しそうに見つめている。
ムッチリと脂が乗った豊満な尻肉の谷間に麻縄が厳しく喰い込んでいる。女の身体の中で最も敏感な急所をおぞましい結び玉で摩擦される恵理子は、苦しそうに歯を食い縛りながら、豊満な下半身を揺さぶっている。
「あ、あぁっ」
硬い結び目の摩擦と麻縄の毛羽立ち、そして後家殺しがジワジワとその恐ろしい効能を発揮し始め、これまで経験したことのない被虐の快感が恵理子の全身に広がり始める。恵理子は何とかこの色地獄から逃げ出そうと身体をうねらせるが、淫らな股縄は動けば動くほど女の弱点に深く喰い込んでいった。

330-2.jpg

いつも高飛車な態度で男性教職員を叱咤している恵理子が、尻を振って悶え苦しむ姿が澤村には痛快でならない。澤村は赤ら顔を卑猥な笑みで崩しながら、麻縄が喰い込む恵理子の尻肉にピシャリッと平手を打ち落とす。恵理子は「あぁっ」と短い悲鳴を上げ、平手打ちから逃れるために更に激しく尻をうねらせた。
「それにしても馬鹿でかいケツだな」
熟れ切った年増女の尻肉は、股縄が喰い込むことで更にその豊満さが強調されている。卑猥な結び目を喰い締めるその豊満な尻肉の亀裂からは何ともいえない艶めかしい色香が立ち昇り、用務員室に充満し始める。年増女の蒸れた芳香を肺一杯に吸い込んだ澤村の股間は激しく煮えくり返った。

330-3.jpg

「校長先生、股縄の味はどうだ?もうたまんねえだろう?」
澤村は股縄に悶え苦しむ恵理子の背後にぴったりと身を寄せ、どっしりとした量感の乳房を粘っこく揉み上げる。そして分厚い唇を耳に押し当て、「俺は絶倫だよ。今日は一晩中寝かさねえからな」とか、「ケツの穴に舌をねじ込んで、勃起したチンポをしごいてやるからな」といった卑猥な言葉を、酒臭い息とともに吐き出した。
澤村のあまりの下劣さに、恵理子の全身に虫唾が走る。恵理子は身体を揺さぶって澤村を振り払おうとするが、後ろから羽交い絞めにされて身動きが取れない。
「おとなしくしなよ。大学教授の旦那じゃ教えてくれない、本物の男の味を教えてやるからよ」
「・・・あぁ・・・」
卑猥な言葉と粘度の高い唾液を耳の穴に流し込まれる恵理子は、まるで麻薬でも嗅がされたかのように意識が朦朧となり、全身から力が抜け落ちていった。

330-4.jpg

「へへへ、校長先生、そろそろコレが欲しくなってきたんじゃないのか?」
澤村は先ほどの電動こけしを再び手にし、スイッチを入れた。
「あぁっ」
爽やかな水色のスーツの上からこけし人形の先端を乳房に押し当てられた途端、恵理子は短い悲鳴を上げ、麻縄を喰い締める豊満な下半身を引きつるように悶えさせる。そんな恵理子の汗ばんだ耳たぶやうなじを鼻や唇でくすぐりながら、澤村はこけし人形を巧みに操っていく。乳房から脇腹、へその周辺から下腹部と、澤村はじっくりと時間をかけてこけし人形を移動させいていった。

330-6.jpg

「あぁ、澤村さん、もう許してっ」
こけし人形の淫靡な振動で下腹部を揉みほぐされる恵理子は切羽詰まった悲鳴を張り上げた。抑えようにも抑えられない官能の疼きが急激に昂ぶり、激しい悦びの大波が下腹部にこみ上げてきたのだ。
「校長よ、年増のくせに、随分と元気がいいじゃねえか。ヒヒヒ」
黒のボディースーツの股ホックがパチンと外されて、恵理子の股間が露わになる。ダークグレーのパンスト、そして赤い薔薇の刺繍が入った黒のパンティに包まれた股間は、下着越しでもはっきりと分かるぐらいに卑猥な膨らみを見せている。
「旦那が役立たずで、ザーメンが溜り過ぎてるんじゃないのか?」
「あ、あぁ、駄目、それは駄目よ!あ、あひぃぃぃっ!」
下着にくっきりと浮かび上がる勃起した肉棒の裏筋をこけし人形で撫で上げられた恵理子は、大きく身体を弓なりに反りかえし、随喜の声を張り上げた。

330-5.jpg
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

[ 2013/05/16 23:17 ] 妄想小説 | TB(0) | CM(1)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/05/19 02:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aokieriko.blog84.fc2.com/tb.php/164-ff1aba67







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。