FC2ブログ









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

友だちの母親を性奴隷にした少年(1)

「ちょっとトイレに行ってくる」
水口直樹は読み終えた漫画本を閉じてベッドから立ち上がった。
この部屋の主で、直樹の同級生である青木俊太はテレビゲームに夢中になっていて何も返事を返さない。直樹はチッと舌を鳴らして部屋を出て行った。
部屋を出た直樹はまるで空き巣に入った泥棒のように、足音を消しながら慎重に階段を降りた。通常の何倍もの時間をかけてようやく一階に降りた直樹はこれも泥棒がするように扉の陰に身を隠すと、息を潜めてリビングを覗き込んだ。
リビングでは、俊太の母親である恵理子が掃除をしていた。恵理子は四十四歳になる直樹の母親とほぼ同年代であるが、その見た目にはかなりの違いがあった。
弁当工場で流れ作業のパートをしている直樹の母親は化粧気がなく、髪には白いものが目立っていて、実年齢よりもかなり老けて見える。それと比べると恵理子は茶髪のゴージャスなカールヘアーで、自宅にいる時もメイクを欠かさない。服装も体にフィットした派手なものが多く、高校生の母親というよりも高級スナックのママさんといった方がしっくりとくる濃厚な色気があった。直樹はそんな同級生の母親に、密かに思いを寄せているのだ。

317-1.jpg

きっかけはちょうど半年前、いつものように学校帰りに俊太の家に遊びに来た時のことだ。今日と同じく尿意を催した直樹は俊太の部屋を出て一階のトイレに向かった。
青木家のトイレは浴室と同じスペースにあり、そのちょうど中間に洗濯機が置かれている。小便を済ませてトイレを出た直樹は、洗濯機の隣に洗濯籠が置かれていることに気付いた。
プラスチック製の洗濯籠には、直樹の体操服や父親のワイシャツ、バスタオルなどが無造作に放り込まれている。その洗濯物の中に茶色の物体を見つけた直樹は、周りを気にしながら洗濯籠に右手を伸ばした。

317-3.jpg

直樹が手にしたのは恵理子のタイツであった。直樹は心臓が暴発しそうになりながら、手の中でタイツを広げた。洗面所の照明が濃いブラウン色のタイツに反射して艶めかしい光沢を放っている。直樹は何かに引き寄せられるように、右手に摘んだタイツの爪先に鼻先を押し当てた。
「うっ!」
タイツの爪先は、まるで靴の中に雨水が染み込んだようにじっとりと濡れている。その濡れた部分の臭いを吸い込むと、鼻腔の中にツンとした刺激臭が充満して、直樹は思わずむせ返った。
俊太の母親である恵理子は、いかにも高そうな香水を愛用していて、その豊満な肉体からはいつも甘い香りが漂っている。そんな恵理子の爪先がこんなにも臭いことを知った直樹は、なぜかひどく興奮して、若い股間が煮えくり返った。
(足の臭いがこんなに臭いんだったら、一体アソコはどれだけ臭いんだ!?)
直樹は友達の家にいることも忘れて、年増女の体臭が染みついたタイツの臭いを狂ったように貪った。股間のマチ部分は爪先と同じようにじっとりと濡れていて、爪先と比べものにならない悪臭が臭い立っている。その悪臭を吸い込んだ直樹はめまいを起こして倒れそうになった。

317-9.jpg

(おばさん、くせえ!くせえよ)
直樹はタイツの股間部分を鼻に押し当てながら、ズボンから取り出した男根に爪先部分をコンドームのように被せた。
「はぁっ!」
皮がめくれて剥き出しとなっている亀頭をタイツの繊維に刺激された直樹は腰が砕けそうになりながら、狂ったようにタイツ越しの男根をしごいた。
「うぅっ!」
直樹は心臓より先に股間が暴発して、恵理子のタイツを白濁の液でドロドロに汚してしまった。その日以来、直樹は恵理子を同級生の母親ではなく、一人の女として見るようになったのだ。

317-2.jpg

恵理子を女として見るようになってから、直樹のマスターベーションの回数は格段に増えた。恵理子のいかにも助平そうな口元のホクロやタイツの臭いを思い出すだけで、若い股間はすぐに勃起してしまうのだ。
直樹は獲物を狙うストーカーの視線で、掃除に夢中になっている恵理子をじっくりと観察する。今日の恵理子は豹柄の派手なカットソーに白のストレッチパンツを穿いている。柔らかい素材のストレッチパンツは豊満な尻肉にぴったりと密着していて、床の雑巾がけをしている時、カットソーと同じ豹柄のパンティが透けて見えた。

317-4.jpg

そのストレッチパンツの下に恵理子は濃いブラウン色のタイツを穿いている。半年前、直樹が洗面所で汚したあのタイツだ。
(あぁ、豹柄のパンティとあのタイツが張り付いたケツの臭いを嗅ぎてえよ!)
直樹は悩ましいくねりを見せる尻を凝視しながら、その場で股間をしごきたい衝動をグッと堪えた。
その夜、家に帰った直樹は、恵理子の豊満な尻と豹柄のパンティ、そしてタイツをおかずにしてマスターベーションを五回も繰り返した。だがどれだけ濃厚なザーメン液を放出しても、直樹の欲情は全く鎮まらなかった。
(あぁ、もう狂いそうだ!)
その夜、直樹は恵理子を犯すことを決意した。

317-5.jpg

十一月第一週の月曜日、恵理子は久しぶりに高校時代の友人と会ってランチを楽しんだ。その友人と会うのはほぼ五年ぶりで、二人とも話のネタは途切れることはなく、別れた時にはすでに夕方の五時を過ぎていた。
いつもなら一人息子の俊太の夕食を作るために慌てて帰宅しないといけないところだが、今日はその心配はいらなかった。俊太は今朝から一週間の予定で沖縄に修学旅行に行っているのだ。
大手物産会社に勤める夫は一年半前から札幌に単身赴任している。恵理子は友人と別れた後もショッピングを楽しみ、久しぶりの独身生活を謳歌した。

317-6.jpg

自宅に戻ったのは夜の七時過ぎで、もうすっかり日は暮れていた。恵理子は真っ暗な玄関の鍵を開けて、中へと入った。
「お帰り」
中に入って玄関の扉を閉めた瞬間、誰もいない筈の真っ暗な闇の中から声がして、恵理子は口から心臓が飛び出しそうになった。
「遅かったね。ずっと待っていたんだよ」
「ひ、ひぃっ!」
恵理子は悲鳴を絞り出し、咄嗟に壁に手を伸ばして玄関の照明を点灯させた。すると橙色の淡い光に照らされて、玄関に潜んでいた男の姿が浮かび上がった。

317-7.jpg

「だ、誰なの!?」
男は黒いサングラスで目元を隠し、パーカーのフードを頭からすっぽりと被っていたから、恵理子は男がどんな顔をしているのか分からなかった。ただぱっと見た感じではかなり若い男であるように恵理子には思えた。
「死にたくなかったら声を出すんじゃないぞ」
男は背後から恵理子を羽交い絞めにし、首筋に鋭い果物ナイフを突き刺して恵理子を脅した。恵理子は男の腕の中で震えながら、何度も無言で頷いた。
恵理子は男に羽交い絞めにされたまま、リビングに連れ込まれた。男はソファーの上に恵理子を押し倒すと、左右の手首に冷たい手錠をかけた。
「今日は旦那も息子もいないんだろう?奥さん、今夜はたっぷりといい思いをさせてやるからな」
恵理子はその一言で男の目的を知った。

317-10.jpg
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

[ 2012/11/18 18:37 ] 妄想小説 | TB(0) | CM(1)

巨尻。

恵理子様ぁ、更新ありがとうございます。
友達の母親をレイプ!!!。
肉棒がズキズキと疼く設定ですう。
それにしても恵理子様の巨尻!!!。
こんなに見事な桃尻はめったにありません。
恵理子様の秘密の花園に奈々のペニクリをホゥ!!!!。
あはぉ!想像しただけで快楽が押し寄せてきますぅ。
[ 2012/11/18 22:31 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aokieriko.blog84.fc2.com/tb.php/152-dae30e18







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。