FC2ブログ









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

勃起する女教師(4)

恵理子が午後の最初の授業を終えて職員室に戻ると机の上の内線電話が鳴った。
「もしもし。青木先生ですか?」
「はい。そうですが」
「藤井です」
「・・・藤井さん?・・・」
受話器からは中年男のしゃがれた声が聞こえた。恵理子は名前を名乗られても誰からの電話か全く分からなかった。市立桜川中学には藤井という名の教師はいない。
用務員が藤井という名前であったことを思い出すまでに恵理子はしばらく時間がかかったが、それも無理はなかった。恵理子が桜川中学に赴任して今年で四年になるが、これまでに用務員の藤井と口をきいたことは一度もなかったからだ。一体、用務員が私に何の用事なのだろう。
「青木先生、昼休みにトイレの中で何をしていたんだ?ヒヒヒ」
藤井の薄気味悪い笑い声が受話器越しに響いた瞬間、首をかしげていた恵理子の目の前が真っ暗になった。
「神聖な学校のトイレの中で、女教師があんな助平なことをしてもいいのかい?」
恵理子は当然ながら今の状況を全く理解するこが出来なかったが、自分が危機的な状況に置かれているということだけは分かった。恵理子は周囲の教師の目を気にして何も答えることができず、ただ受話器を耳に押し当てている。受話器を握り締める指先が小刻みに震えていた。

305-1.jpg

用務員の藤井から内線がかかってきて以降、恵理子は午前中と同様に授業に全く集中することが出来なかった。
藤井からの電話は恵理子にとって死刑宣告に等しい衝撃の内容であった。藤井は教職員用の女子トイレに隠しカメラを設置し、個室の中の様子を全て録画しているというのだ。
藤井の行為は明らかな犯罪行為である。だが主導権を握っているのは犯罪者である藤井の方であった。それだけ価値のある衝撃映像を藤井は手に入れたのだ。
「青木先生。授業が終わったら用務員室に来てくれよな。もし来なかったらどうなるか分かってるよな?」
藤井は交通事故相手を脅すチンピラのように、ネチネチと粘っこく恵理子を脅迫した。
「もし来なかったら、チンポ女教師のセンズリ映像が流出することになるんだからな。ヒヒヒ」
冷酷な爬虫類の標的にされて、恵理子はあまりの恐怖に身動きが取れなくなってしまった。

305-2.jpg

授業を終えた恵理子は藤井に言われたとおり用務員室の扉をノックした。用務員室は職員室からも教室からも離れた一階廊下端の薄暗い場所にある。その部屋に一歩足を踏み入れた途端、恵理子の表情が凍りついた。
六畳ほどの広さの用務員室にはソファーやテレビなどが勝手に持ち込まれていて、藤井が完全に私物化している。部屋のコーナーに置かれた二十一型のテレビには、トイレの個室で勃起した肉棒をしごく恵理子の姿が映し出されていたのだ。
「青木先生がまさかチンポ女だったとはな。イヒヒヒ」
藤井は酒やけした赤黒い顔に卑猥な笑みを浮かべながら、目の前の恵理子と画面の中の恵理子を交互に見比べる。眼鏡をかけてツンと澄ましている英語教師の股間にグロテスクな肉棒が生えていようとは外見からはとても想像することが出来ない。
「随分と立派なナニをしてるじゃねえか」
画面の中の恵理子の股間には赤黒い肉棒が雄々しい姿で反り返っている。欲求不満の未亡人が目にしたら随喜の涙を流すに違いない荒々しい肉棒が。
「この肉棒が勃起して仕方ないんだろう?ヒヒヒ」
興奮で血走った藤井の両目が絶望の表情を浮かべる恵理子の姿を捉えた。

305-3.jpg

「ほら、もっと脚を広げるんだよ」
藤井は鼻の穴から煙草の煙を吐き出しながら、横柄な口調で対面する恵理子に向かって命令を出した。
藤井がこの桜川中学に赴任してちょうど十年になるが、職場で親しい間柄の人間は一人もいない。用務員である藤井と教師たちの間には歴とした溝があり、中には藤井のことを蔑んだ目で見降している教師もいる。恵理子もそのうちの一人で、藤井が挨拶をしても返してもらえないことが度々あった。
(生徒らには挨拶しましょうなんて言っておきながら、ふざけた奴らだ)
藤井はその怒りを性欲へと変えて、恵理子ら高慢な女教師を妄想の中で凌辱してきた。だがまさかその妄想が現実になるとは夢にも思っていなかった。
「俺の言うことが聞こえねえのか?センズリ映像を学校中にばら撒いて欲しいのか?」
「・・・そ、それだけは許して・・・」
「だったら早く脚を広げるんだよ。このチンポ女教師が」
「・・・あぁ・・・」
恵理子に選択権は全く与えられていない。藤井の奴隷人形と化した恵理子は命令通り左右の膝を開いていくしか仕方なかった。
恵理子の豊満な下半身を覆い隠す黒のガードルが藤井の血走った眼に入った。この黒のガードルの下にあの卑猥な肉棒が隠されているのかと思うと藤井の興奮は昂ぶり、恵理子に負けないぐらいに股間が暴れ始めた。

305-4.jpg

「へへへ。スケスケの黒のパンティなんか穿きやがって。さすがはセンズリ教師だけあるな」
黒のガードルをはぎ取られ、ひどく無防備となった下半身を、恵理子は藤井の目の前に曝け出している。
「しかし、学校のトイレでセンズリをかくとは、とんでもねえド助平教師だぜ」
「あぁ、ち、違うの。あ、あれは・・・」
恵理子はここ最近の体の異常を藤井に説明しようとしたが途中で口を閉ざした。どんな理由があるにせよ、学校内のトイレで自慰行為に耽っていたのは事実だし、その姿を撮影されている以上、藤井に逆らうことは出来ないのだ。
「旦那が単身赴任で欲求不満が溜まってるんだろう?だからチンポがデカくなって勃起しちまうんだよな」
藤井は右足を伸ばし、黒く汚れた靴下の指先で恵理子の股間を摩擦し始める。
「や、やめてっ」
薄汚い変態用務員の足の指で凌辱される屈辱に恵理子は唇を噛みしめるが、藤井の言うとおり夫が単身赴任して以来疼き続けている熟れた肉体は、その摩擦にあっけなく崩壊していく。
「・・・ぁ・・・あぁっ・・・」
噛みしめた唇の隙間から抑えきれない声が漏れて、恵理子を自分を見失っていった。

305-5.jpg
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

[ 2012/07/30 13:13 ] 妄想小説 | TB(0) | CM(1)

おおお~

いいっす なんか興奮します 写真見ながらオナニーしてしまいました 直穿き透けてるペニクリしゃぶる写メ たくさん見たいであります
[ 2012/07/31 07:38 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aokieriko.blog84.fc2.com/tb.php/139-0c7412fc







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。