FC2ブログ









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

女工員色地獄拷問(2)

気が付いた時、恵理子は見知らぬ部屋に寝かされていた。部屋は四畳半の和室で、天井の薄暗い裸電球が家具も何もない殺風景な部屋を照らし出している。
恵理子はまだ朦朧としている頭を振って起き上がろうとした。だがバランスを崩して、その場に倒れてしまった。恵理子の両手両足は荒縄で縛り上げられていたのだ。
恵理子は女性工員の雇用条件向上のために、会長の佐川辰夫とその甥っ子である工場長の佐川茂典と役員室で会談をしていた。それなのに、なぜこんな見知らぬ部屋で両手を縛られて寝かされているのか。

314-2.jpg

「誰か、誰かいないの!?これは一体どういうことよ!?」
恵理子が悲鳴を上げると、しばらくしてから出入り口の襖が開いて佐川辰夫が姿を現した。
「よく眠っていたな」
姿を見せた辰夫は畳の上に芋虫のように寝かされている恵理子を見下ろし、その場に胡坐をかいた。
「こ、これは一体何の真似よ!?どうして私が縛られているのよ!?」
恵理子は怒りに燃える目で辰夫を睨みつける。この窮地に追い込まれても気の強さを失っていない恵理子の姿を辰夫は頼もしそうに見つめている。この気の強い女をどのように調教してやろうかと考えるだけで、辰夫の股間は燃えるように熱くなっていくのだ。

314-3.jpg

「どうやらお前は、旦那から女の悦びを教えて貰わなかったようだな」
辰夫はいやらしい笑みが浮かぶ分厚い唇に南米産の葉巻を咥えて火を点けた。部屋の中に癖のある甘い香りが充満して、恵理子は眉をしかめた。
「女だてらに組合運動なんかに呆けて男に刃向うのは、女の悦びを知らない証拠だ。本物の男に、本物の悦びを教えられた女は、男に刃向おうなんて気は起こさないものだ」
辰夫はそう言うと、出入り口とは別の襖を開けた。
襖の向こう側にもう一つ部屋があった。二人がいる四畳半は八畳の和室と部屋続きになっていたのだ。
「!!!」
恵理子は恐怖から両目をカッと見開いた。八畳の和室の中央には、艶めかしい色柄の友禅布団が敷かれていたからだ。

314-5.jpg

夫がまだ元気だった頃、恵理子は佐川辰夫が特高警察時代に行ってきた数々の悪行を何度も聞かされていた。
特高警察の支局長だった辰夫は、政府転覆を目論む社会運動の取り締まりを名目に共産党員をはじめ、反戦運動家や宗教家を逮捕し、過酷な尋問と拷問によって自白を引き出してきたというのだ。
辰夫は職業的な使命感だけでなく、性的に異常な嗜虐性質の持ち主に違いないと活動家たちは噂し合っていた。辰夫の残虐な拷問に耐えられずに、身に覚えのない罪を自白させられて、刑務所へと送られた活動家の数は数えきれなかった。
そんな辰夫の餌食となったのは男だけではない。男尊女卑思想の持ち主である辰夫は捕えた女性被疑者に対して、男以上に残忍な嗜虐性質を剥き出しにすると言われているのだ。

314-1.jpg

「お前みたいに気の強い女を素直にさせるための道具をたくさん用意してあるからな」
辰夫は立ち上がって八畳の和室へと足を踏み入れた。
「これなんかどうだ?」
友禅布団の枕元には女を責めるための小道具が整然と並べられている。辰夫はその中から赤いゴム製のこけし人形を手に取った。工場の取り引き先である米軍の将校から譲り受けた電動こけしであった。
男性器の卑猥な姿を模造したこけし人形の先端にはたくましい傘が開いていて、その周辺には無数のイボイボがあしらわれている。
「このイボイボで女の壁を擦られたら、もう男なしでは生きられなくなるぞ。イヒヒヒ」
スイッチが入れられると部屋の中にくぐもった電動音が響き、辰夫の右手に握られたこけし人形が猥褻な動きでイボイボの頭を振り始める。毛虫がのたうち回っているような不気味な動きを目にして、恵理子の全身に鳥肌が立った。

314-4.jpg

「ち、近寄らないでっ」
米軍から仕入れているステーキ肉を毎日のように食べている辰夫は、とても六十を過ぎた老人とは思えない脂ぎった顔面をしている。髪の毛一本生えていない禿げ頭とは対照的に黒々とした太い眉と、ナメクジが横たわっているような分厚い唇、そしてギラギラとてかっている脂ぎった肌からは、むせ返るような性欲が臭い立っている。手の中に卑猥なこけし人形を握り締めた妖怪のような強欲老人にジリジリと近寄られて、恵理子は心臓が凍りつくような恐怖に襲われた。

314-6.jpg

「いい体をしてるじゃないか」
恐怖に全身を硬直させている恵理子のすぐそばに腰を下ろした辰夫は、四十路を超えた人妻の豊満な肉体をこけし人形の頭で撫で始める。
「旦那が入院して一年か。このいやらしい体で一年間も男なしでいたんじゃ、夜も眠れなかったんじゃないのか?イヒヒヒ」
辰夫は涎を垂れ流すように卑猥な笑い声を漏らしながら、ムッチリと脂が乗った恵理子の肉体をこけし人形で撫で回していく。
314-7.jpg


「や、やめて!こ、この変態!」
旦那の天敵である醜い老人に凌辱される悔しさに、恵理子の全身を流れる血が逆流する。恵理子は眉を吊り上げ、両目を開いて罵声を浴びせかけるが、佐川老人はいかにも心地いいといった表情で、その罵声に聞き惚れている。
「旦那は植物人間だそうだな。ということは、もう一生お前を歓ばせることは出来ないってわけだ」
夫を侮辱する辰夫の言葉を聞いて、恵理子は血が滲むほど強く唇を噛み締める。あまりの悔しさと怒りで逆流した血液が沸騰し、白い肌が紅潮していった。
手足の自由を奪われながら、夫を馬鹿にされた怒りに震える恵理子の姿に、辰夫は激しく欲情した。憎悪に燃え、怒り狂う被疑者をネチネチと責め立て、絶望へと追い詰めていくことが天性のサディストである辰夫の歓びであるのだ。
辰夫はこけし人形の頭を恵理子の乳房に押し当てて力を込めた。
「寝たきりでインポの旦那より、この人形の方がよっぽどいい仕事をしてくれるぞ」
作業着の上からでもその豊満さが見て取れる乳房にこけし人形がめり込んで、恵理子は苦しげに眉をしかめた。

314-8.jpg

「どうだ、組合なんかくだらない活動はやめてワシの女になれ。ワシの女になったら給料は上げてやるし、もっと楽しい遊びを教えてやるぞ」
辰夫は葉巻の香が残る吐息を恵理子の耳元に吹きかけながら、こけし人形で豊満な肉体を撫で回す。相変わらず不気味な動きで頭をくねらせるこけし人形に両膝をくすぐられて、恵理子の全身の毛穴からドッと汗が噴き出した。
「どうなんだ?ワシの女になる決心はついたのか?」
「だ、誰があんたの女なんかに!」
耳たぶに接吻される汚辱感に恵理子は全身を硬直させる。この醜い老人の妾になるくらいなら、恵理子は迷うことなく死を選ぶ決心をしていた。

314-10.jpg

「旦那がインポになって体が火照ってるんだろう?ワシの硬いチンポを味わわせてやろうか?」
「も、もうやめてっ」
紅潮した耳たぶやうなじに粘っこい接吻の雨を降らせながら、辰夫は恵理子の肌をこけし人形でいたぶり続ける。
「ん?何だ、これは?」
下腹部にこけし人形を這わせていた辰夫は恵理子の肉体の変化に気付いた。ムッチリと脂が乗った太腿の付け根に、明らかな硬直の兆しが見られたのだ。
「体は正直だな。本当はこうやって虐められるのが好きなんじゃないのか?」
辰夫は勝ち誇った笑みを浮かべながら、こけし人形を巧みに操作していく。その振動に煽られて、恵理子の股間はスカートの上からでもはっきりと分かるぐらいの硬化を示すようになった。

314-9.jpg

「私の旦那はインポの役立たずですって言ってみろ」
「だ、誰がそんなこと!・・・あ、あぁっ」
恵理子は悪魔の誘惑を振り払うために髪を振り乱し、悲鳴を絞り上げる。だが硬化した股間にこけし人形を押し当てられると、頭の中がカッと燃えて、恵理子は自分を見失いそうになってしまうのだ。
夫が入院していたこの一年間、恵理子は二人の子供を養うために鉄工所で働き、夫の意思を継いで組合活動にも力を入れてきた。だが疲れ切って布団に潜り込んでも、深夜まで寝付けない夜が何度もあった。辰夫の言うとおり、熟れ切った人妻の肉体に一年間の空白はあまりにも長過ぎた。
「あぁっ、だ、駄目っ」
スカートを膨らませる股間にこけし人形を押し当てられる恵理子は歓びの声を我慢することができなかった。舶来性のこけし人形が生み出す淫靡な振動は一年間の空白を経験した人妻の肌にはあまりにもおぞましく、あまりにも淫らであった。

314-11.jpg
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[ 2012/10/31 22:08 ] 妄想小説 | TB(0) | CM(2)

女工員色地獄拷問(1)

昭和三十年代の前半、日本経済は朝鮮戦争の特需による第一次高度経済成長期を迎え、敗戦の悲しみから立ち上がろうとしていた。
雪深いこの東北の地方都市にも戦争特需の恩恵はもたされている。五年前に広大な農地跡に建設された製鉄工場では米軍の武器が製造され、多額の米ドルが投下されているのである。
この製鉄工場の創設者は佐川辰夫という六十を過ぎた初老の男である。佐川家はこの地方の大地主で、政治家や官僚といった権力者を数多く輩出している名門であった。
佐川辰夫は戦前まで特高警察の支局長を永く任され、徹底した共産党狩りを敢行。佐川の過酷な尋問、拷問により、数多くの共産党員が獄中で命を絶ったと言われている。
だが終戦を機に特高警察は解体させられた。その一方でGHQは民主化政策の一つとして労働組合を育成。労働者の権利意識は一気に高まり、全国各地で経営者との激しい攻防が繰り広げられた。
その波は遅ればせながらこの地方都市にも押し寄せ、佐川の製鉄工場でも労働組合が誕生。労働環境の改善を求める声が日に日に高まっていった。

313-1.jpg

佐川製鉄工場労働組合の幹部・青木恵理子はこの日の就業後、女子工員の昇給等を求めて工場長の佐川茂典と会談する予定をしていた。茂典は佐川辰夫の甥っ子にあたる人物である。
恵理子は昨年まで一介の女性工員に過ぎなかったが、一年前から組合活動に関わるようになった。
恵理子の夫である浩はこの工場の労働組合の創設者で、組合長を務めていた人物である。だがちょうど一年前、役員会合の帰り道で大型トラックにひき逃げされてしまう。病院に運ばれた浩は何とか一命をとりとめたものの、植物状態となって現在も入院中である。現場にはトラックの破損部品が数多く残されていたが、どういうわけか現在も犯人は捕まっていない。
恵理子はそんな夫の意思を継いで、組合活動をするようになった。この時代の女性の大半がそうであるように、恵理子は学歴があるわけではない。だが持前の正義感と権力者も恐れない気の強さが組合員の資質にぴったりとはまって、恵理子は活動開始からわずか一年で組合幹部に抜擢されたのだった。

313-2.jpg

管理棟の西端にある役員室には緊張した空気が張りつめている。工員達に対して完全に見下した態度を取ることで有名な工場長の佐川茂典が、今日はコメツキバッタのようにへりくだっている。上座に置かれた革張りのソファーには、この佐川製鉄の創始者であり会長である伯父の佐川辰夫が腰を下ろし、葉巻をくゆらせていた。
子供のころ、茂典は柔道の師範代である辰夫から武道、体力鍛錬で厳しい指導を受けた。その頃の恐怖がトラウマとなり、五十歳近くになった今でも伯父の前に立つと胸が締め付けられ、呼吸が苦しくなるのだ。
佐川辰夫は異様に大きな鼻の穴から葉巻の煙を吹き出しながら、眉間に深い皺を刻んでいる。この一週間、旧友である文部省の幹部に会うために上京していた辰夫は、不在の間に労働組合の活動がより活発になったと茂典から報告を受けて苦虫を噛み潰しているのだ。
「それで、あの牝犬は何を要求しているのだ?」
「は、はい。女性工員の時間給の十円アップと、育児休暇を設けるよう要求してきています」
「それで、お前は何と回答したのだ?」
「私の一存では決められない。会長に相談した後に回答すると」
茂典は辰夫の目の前で直立不動の姿勢で、声を震わせながら恵理子との交渉の経緯を報告した。
「この大馬鹿者が!」
それまで深く瞼を閉じていた辰夫が報告を聞き終えた途端にギョロリと両目を開け、茂典を睨みつけて大声を張り上げた。茂典はその場で縮み上がり、顔面から完全に血の気が失せた。
「あんな牝犬一匹黙らせることができんのか!お前には誇り高き佐川の血が流れているんだぞ!それなのに女のような下等動物に舐められやがって!恥を知れ!」
特高警察の支局長として恐れられた辰夫は大の共産党嫌いであると同時に、強固な男尊女卑論者でもある。そんな辰夫にとって、女でありながら組合員として経営者に縦をつく恵理子は、顔の周りをうるさく飛び回る害虫以外の何者でもなかった。

313-3.jpg

就業時間が終わり、工員のほとんどが帰宅した女子更衣室で、恵理子は煙草を吸いながら物思いに耽っている。今日はこれから工場長との会談が待っている。恵理子は仕事で疲れた体に鞭を打ち、会談の戦略を練っているのだ。
「青木さん、お待たせしました」
工場の周辺がすっかりと暗闇に包まれた七時過ぎ、スーツ姿の男が更衣室に姿を現した。恵理子を呼びに来たこの男は工場長の秘書・橋本であった。
「役員室までお越し下さい。工場長がお待ちです」
恵理子は先導する橋本のすぐ後ろを歩いて役員室へと向かった。昼間は千人近い従業員で騒然としている工場敷地内も、この時間は不気味なぐらいにシーンと静まり返っている。
「どうぞ」
橋本が重厚な扉を開け、恵理子は役員室に足を踏み入れた。その瞬間、恵理子の表情がハッとなった。正面のソファーには工場長を従えて、佐川辰夫がどっかりと腰を下ろしていたからである。
工場の創設者であり、会長である佐川辰夫の姿を、恵理子はこれまでに二、三度しか目にしたことがない。だが特高警察支局長時代の悪名は、夫から何度も話に聞かされていた。夫は戦前から共産党運動に傾倒し、佐川辰夫とはいわば生涯の天敵同士なのである。
今はベッドから立ち上がれないばかりか、自分で小便も出来ない体になってしまった夫に代わって、恵理子は初めて対峙する辰夫を鋭い眼光で睨みつける。佐川は六十過ぎの老人でありながら、武道で鍛えられた肉体からは生気が漲っていた。

313-4.jpg

「私が要求した女性工員の労働条件の一件、どうなりました?」
恵理子は辰夫の貫録に臆することなく、そのすぐそばに立っている工場長に話しかける。だが茂典は辰夫の顔色を伺うだけで何も答えようとはしない。
「工場長に代わってワシがお答えしよう」
恵理子が入室してから表情ひとつ変えなかった辰夫が初めて口を開いた。辰夫はまだ作業着姿の恵理子の全身を舐め回すように見つめながら、分厚い唇に不遜な笑みを浮かべた。
「あんたが要求してき女性工員の労働条件の一件だが、こちらとしては今の条件を見直すつもりは一切ない。以上だ」
佐川辰夫は恵理子から一切目を離さずに簡潔に答えた。その辰夫の唇に明らかに人を見下す嘲笑が滲んでいて、恵理子は腸が煮えくり返った。
「そう。だったらこっちにも考えがあるわ」
恵理子は怒りを隠すように煙草を咥えて火を点ける。恵理子は深く煙を吸い込み、ポーカーフェイスのままで反論した。

313-5.jpg

「こちらの要求に対して経営側の歩み寄りがない場合、組合に入っている従業員でストを決行するわ。ご存知だと思いますが、組合には現在、全従業員数の約半数となる四百三十七名が加入しているわ。この組合員全員がストを実行すれば、工場にどれだけの被害が出るかはお分かりになりますよね?」
恵理子は声を荒げることも、一歩も怯むこともなく持論を展開していく。赤い口紅から吐かれた煙草の煙は、まるで辰夫の顔面に吹きかけられているようであった。
「なるほど、女の癖に肝っ玉が据わっている。お前では手におえないわけだ」
辰夫は茂典に向かってフンと鼻を鳴らした後、また視線を恵理子に戻した。
「だがいくら肝っ玉が据わっていようと所詮は女だ。男には敵わんよ」
「そうかしら?お望みなら、いつでも相手になるわよ」
そう啖呵を切った次の瞬間、恵理子の指先から火が点いたままの煙草が床に落ちた。いつの間にか秘書の橋本が背後に忍び寄り、恵理子を羽交い絞めにしたからだ。
「んぐうううう!」
恵理子は橋本の腕の中で激しく身悶えるが、口元を手拭いで塞がれた。手拭いには薬が染み込ませてあって、強い刺激臭が鼻の奥をツンと刺激する。
赤茶色の絨毯に黒い焦げが広がっていくのと同時に恵理子の意識が遠のいていく。辰夫が赤い口紅がついた煙草を革靴で踏みにじった瞬間、恵理子は完全に気を失ってしまった。

313-6.jpg
[ 2012/10/23 23:18 ] 妄想小説 | TB(0) | CM(1)

掃き溜め男と高飛車熟女(5)

時刻は昼の一時を過ぎて気温は三十五℃を超える猛暑となった。全ての開口部が締め切られている事務所内はむせ返るような熱気が充満し、じっとしているだけで大粒の汗が噴き出してくる。そんな室内で手足の自由を奪われて凌辱される恵理子は人妻の貫録が詰まった巨尻を淫らにくねらせて、被虐の悦楽に悶絶していた。
「ヒヒヒ。奥さんよ、もうたまらない気分なんだろう?でかいケツがド助平にくねってるじぇねえか」
312--1.jpg

凌辱者である今井はソファーの上に足を投げ出して腰を下ろし、煙草の紫煙で伸び放題となっている鼻毛を揺らしている。その目の前で恵理子は両手を頭の後ろで組み、ガニ股の姿勢で、豊満な尻肉をうねらせているのだ。
ボディスーツのクロッチホックは外されて、パンストとパンティに包まれる下半身が露わになっている。ローターバイブの淫靡な振動に摩擦され続けた股間はその悦楽を堪え切れず、とても四十路を大きく過ぎた人妻とは思えない卑猥な反り返りを見せている。

312-2.jpg

「先端から臭いザーメンが溢れているじゃねえか」
「ひ、ヒィッ!」
ガニ股の間から伸びてきた右手に勃起した股間を撫でられて、恵理子の唇から歓喜の悲鳴がほとばしる。ローターバイブによって射精寸前にまで追い詰められている肉棒は指先の摩擦でヒクヒクと痙攣し、先端から随喜の涙が溢れた。

312-3.jpg

「出したいんだろう?我慢しないでドバっと出しちゃえばいいんだよ」
今井は勃起した肉棒を掌に包み込み、淫らな染みが広がるナイロン越しにしごき立てる。軽快なリズムを刻む指先の淫靡なピッチに股間はもうどうしようもなく燃え上がり、恵理子は凌辱者に突き出した巨尻を更に激しく振り乱した。

312-4.jpg

今井は汗だくになっている恵理子の肌に、同じく汗だくになっている毛むくじゃらの肌を擦り付けながら、脂が滴る年増女の柔肌を堪能する。蒸し風呂状態の室内で、ろくに風呂にも入っていない不潔な生活保護者に密着される不快感に恵理子はゾッとするが、獣のように全身を覆う体毛に火照った肌を摩擦されると、これまでに経験したことのない陰湿な黒い歓びが煮えたぎって、噛み締める唇の隙間から堪えようのない荒い息が吐き出された。

312-5.jpg

「奥さん、これからご近所同士仲良くしてくれよな。もう奥さんと俺は普通の仲じゃないんだからよ」
今井は分厚い唇で首筋を吸い立てながら、パンストとパンティの腰ゴムをずり下ろしていく。ついに剥き出しとなった股間には、とてもレイプされている人妻のモノとは思えない、見事に勃起した肉棒が雄々しい姿で反り返っていた。

312-6.jpg

「さて、そろそろ天国に昇らせてやろう。あまり焦らし過ぎておかしくなられても困るからな」
今井は自分の右の掌にペッと唾を吐きかけると、鉄のように硬化した肉塊を包み込む。そして赤黒く膨張した亀頭にも糸を引く粘っこい唾液を垂らした。
「あぁっ」
今井が肉茎に絡ませた指先を上下に動かし始めると、恵理子は激しく燃え盛る官能の炎に全身を焼かれ、もう色事の以外のことは考えられなくなった。今井の黒ずんだ口元から吐き出された粘っこい唾液が天然のローションとなって、指先の摩擦をより淫らなものへと変えた。

312-7.jpg

「お、お願いだから、もう楽にさせてっ」
薄汚い生活保護者に凌辱される屈辱とは裏腹に、もう自分の意思では制御不能なほどに燃え上がっている肉体。長年連れ添い、信頼関係を築き上げてきた夫相手では決して得られない被虐の歓びに、恵理子は完全に自分を見失ってしまった。
今井は気の強い高飛車な人妻が崩れていく姿を堪能しながら、指先のピッチを速めた。今にも湯気が昇りそうなほどに熱気を帯びた肉茎を粘っこく揉み上げ、亀頭に唇を押し当てて接吻の雨を降らすと恵理子は半狂乱となって髪を振り乱し、歓びの悲鳴を絞り上げる。

312-8.jpg

「あぁ、もう駄目っ。ティッシュを当てて頂戴っ」
ついに悦楽の頂上へと到達した恵理子は、随喜の滴を噴射しそうになって絶叫する。だが今井は開脚した股間に顔を埋めると、ティッシュの代わりに分厚い唇を亀頭へと押し当てた。
「あぁ、悪魔、あなたは悪魔よっ」
今まで経験したことのない勢いで噴き出される大量のザーメン液。そのザーメン液を一滴残らず飲み干す今井の凄まじい吸引力に、恵理子は閉じ合わせた瞼の裏に色地獄を見た。

312-9.jpg

壮絶な射精を経験した後、恵理子は延々と今井に犯され続けた。時刻は夕方の五時を回り、窓からは橙色の西日が射し込んでいる。あと数時間で夫ら職人が帰ってくる時間となっても今井は恵理子を解放しようとはせず、その熟れた肉体を犯し続けた。
「もう、もう許してっ」
これまでに数えきれない絶頂を味わわされている恵理子は、息をするのも辛いといった様子でハスキーな喘ぎ声を漏らした。

312-10.jpg

夫の清は五十近くになってもラブホテルでレイプごっこを楽しむような男だから、夜の生活には自信を持っている。そんな夫に恵理子は不満を感じたことは一度もなかったが、名前も知らないこの凌辱者に犯されて、その価値観は一変した。
今井は夫の清とは比べものにならない絶倫男であった。恵理子は何度も絶頂を味わわされ、今井自身も恵理子の中に煮えたぎる性を何度か放出したが、今井は驚異的なに回復力を見せて、また恵理子に挑みかかってくるのだ。

312-11.jpg

「もう旦那たちが帰ってくるわ。だから許して」
火を噴きそうなほどに熱くなっているたくましい男根を、ドロドロに濡れた菊の蕾で喰い締めながら、恵理子は今井の耳元で懇願した。

312-12.jpg

「ん?もうそんな時間か?」
今井は腰の動きを緩めて、壁の時計にチラリと目をやった。
「本当だな。もうこんな時間になっているのか。仕方ない、今日はあと三回で勘弁してやるか」
「な、何を言っているの!?今すぐに帰って頂戴っ」
今井の底なしの性欲に、恵理子は身の毛もよだつ恐怖に襲われる。だが分厚い唇で耳を吸われ、動き始めた巨根に淫らな蕾を掻き回されると、女の歓びに貪欲な人妻の肉体はどうしようもなく燃え上がってしまうのだ。

312-13.jpg

「奥さん、嫌だ、嫌だって言いながら、またチンポが勃起してきてるじぇねえか」
尻の蕾を巨根で犯されると同時に、巨根の周囲にびっしりと生えた黒い茂みに摩擦されて、恵理子の肉棒がまた勃起し始める。
「く、悔しいっ」
チクチクとした茂みの淫靡な摩擦に肉棒が一瞬にして疼いて、恵理子は悔し泣きする。悔し泣きしながら今井の首を両腕で抱きかかえ、同じように両足で今井の腰を抱きかかえながら恵理子は絶頂へと到達し、菊の蕾と勃起した肉棒が卑猥な痙攣を始めた。 (おわり)

312-14.jpg
[ 2012/10/17 16:55 ] 妄想小説 | TB(0) | CM(2)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。