FC2ブログ









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

セクシーダイエット(2)

約一時間のエクササイズが終了した後、恵理子が玉のように噴き出す汗をタオルで拭っていると、恭子が涼しい顔で話しかけてきた。
「奥様、お疲れ様でした」
恵理子よりひと回りほど年下の恭子は目鼻立ちの大きな人目をひく派手な顔立ちをしている。恭子はその派手な顔を厚化粧で塗りたくっているが、汗だくの恵理子とは対照的にメイクの乱れは一切なかった。

299-3.jpg

「奥様、骨盤がかなり歪んでおられるようですね。あれだけ歪んでいたら、便秘がひどいんじゃありません?」
恵理子はハッとなって恭子を見つめた。恭子に指摘されたとおり、恵理子は慢性の便秘症状に悩んでいたからだ。
「もしよろしければ、これから骨盤の矯正マッサージをお受けになりませんか?骨盤の歪みが直れば、便秘なんてすぐに解消されますよ」
恭子は自信満々の表情で恵理子をマッサージに誘った。

299-1.jpg

マッサージにはホテルの客室が使用されるという。一時間のエクササイズの料金が五万円であることを考えると、マンツーマンでマッサージを受けるとなると料金はかなりの高額になるに違いない。恵理子は高額の壷や印鑑を売りつけられようとしている新興宗教のビギナー信者のような不安な表情を浮かべた。
だが恭子が一流のトレーナーであることは疑いようがない。約一時間のエクササイズの間に恭子が恵理子の体に触れたのはほんの一瞬だけであったが、その一瞬で恭子は恵理子の骨盤が歪み、便秘がひどいことを見抜いたのである。
恭子に尻肉を鷲掴みにされた時、今まで経験したことのない鋭い快感が走って、腰骨が蕩けた。あの指で体中をマッサージされてみたい。そう思うだけで、汗だくのレオタードに包まれる恵理子の全身が熱く火照った。

299-2.jpg

恭子に案内された611号室は、すでに簡易のマッサージルームへの模様替えが終わっていて、ベッドの上には大きなバスタオルが敷き詰められている。枕元ではアロマキャンドルが焚かれていて、甘い香が室内に漂っていた。
「奥様、マッサージの前にこれを飲んでください。腸の働きを整える成分が入っていますから」
ベッドに横になる前に恵理子は恭子からグラスを手渡された。グラスにはワインのような赤い透明な液体が半分ほど注がれている。一息に飲み干すと食道から胃が燃えるように熱くなった。

299-4.jpg

「・・・あぁ・・・」
それから一分も経たないうちに波に揺られているようなめまいを感じて、恵理子は崩れ落ちるようにベッドの上にうつ伏せになった。
「それじゃ、そろそろ始めますね」
恭子はベッドの右側に立ち、腰を折って、背中と腰に左右の掌を当てた。
「・・・ぁ・・・」
恭子は掌に軽く体重を乗せて、背中と腰を揉み解していく。それはごく普通のマッサージであったが、恵理子はどういうわけか肌を紅潮させ、うつ伏せになった体を悩ましい動きで悶えさせている。
「奥様、どうしました?痛いですか?」
「だ、大丈夫よ。そ、そのまま続けてちょうだい」
恵理子は声を震わせながら、ベッドの上に敷かれたタオルを指先で掻き毟った。

299-5.jpg
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[ 2012/05/15 23:57 ] 妄想小説 | TB(0) | CM(1)

セクシーダイエット(1)

青木恵理子は仲の良い主婦に誘われて、『セクシーダイエット』の講習会に参加することになった。銀座の高級ホテルで行われるこの講習会は参加費五万円とかなりの高額だが、定員の五十名は受付開始と同時に満杯となった。人気女優が実践しているダイエット法としてテレビで紹介されたことで、主婦層を中心に参加希望者が殺到したのだ。
講習会当日、恵理子はレオタードに着替えて会場に足を踏み入れた。参加費が高額ということもあって参加者のほとんどが恵理子と同じ四十代以上の有閑マダムたちである。豊満な肉体をレオタードに詰め込んだ有閑マダム五十人が集結して、会場内には濃厚な香水と体臭が充満していた。

298-1.jpg

『セクシーダイエット』とは美容研究家の原田裕子が考え出したダイエット体操である。女性らしいセクシーな動きを体操の中に取り入れることで美と健康を手に入れるというのがうたい文句であった。
講習が始まると会場内の刺激臭の濃度が更に高くなった。マダムたちの毛穴から一斉に汗が噴き出したためだ。恵理子もその例外ではなく、体操開始から五分も経たないうちに黒いレオタードが汗でぐっしょりと濡れた。

298-2.jpg

参加者は十人単位のグループに分けられて、それぞれのグループにインストラクターが一人ついた。恵理子のグループのインストラクターは小嶋恭子という三十代前半の女だった。
恵理子は恭子の指導の下、体の様々な場所の筋肉を動かしたり、伸ばしたりした。老舗和菓子屋の女将である恵理子は今年で四十六歳。月に一、二度、得意先とゴルフをする以外はほとんど運動をしない恵理子にとって、セクシーダイエットはかなりのハードさであった。
「それでは次に左右の足首を両手で握ったまま、両足を大きく開いてください。そう、その姿勢です」
だがハードな分、その効果はてき面だった。普段の生活では使うことのない筋肉を刺激することで血行が良くなり、体全体が火照っていく。恵理子は玉のように大粒の汗をかき、呼吸が荒くなった。

298-3.jpg

セクシーダイエットと名づけられているだけあって、ストレッチを中心としたエクササイズには女性特有の艶かしい動きや姿勢が多く取り入れられている。両手両足で体を支える姿勢から腰を突き上げたり、仰向けの姿勢から膝の裏に手を回して両足を抱え込んだりするストレッチは、傍目から見るとかなり卑猥な姿勢となる。会場内にはもちろん男性の姿はないが、あられもない姿にマダムたちの火照りは強くなり、会場内の熱気が一気に上昇した。

298-4.jpg

マダムたちの肌が火照る理由がもうひとつあった。会場の正面の壁体には大型のスクリーンが吊り下げられていて、エクササイズの動きが映像で紹介されているのだが、このハウツービデオがかなり過激な内容なのだ。
ビデオには三十代半ばの日本人女性と二十代半ばの外国人男性が出演している。甘いマスクの外国人男性は上半身が裸で、下半身はぴっちりとしたボクサータイプのスパッツで覆われている。

298-5.jpg

「四つん這いになってお尻を高く上げてください」
恭子の指示で、恵理子はビデオの女性と同じ四つん這いの姿となった。スクリーンに目をやり、動きの確認をしていた恵理子は思わず声を上げそうになった。四つん這いになって突き出された日本人女性のお尻を外国人男性が背後から鷲掴みにして、股間のたくましさがくっきりと浮かび上がっているスパッツを尻の谷間に密着させたのだ。
(何よ、このビデオは!?)
外国人男性は女性の丸い尻を抱え、股間を密着させた下半身を卑猥な動きで前後に動かしていく。日本人女性は男性のたくましさを確かめるように、抱えられた尻を悩ましく動かし、男性の股間に擦り付けていく。アダルトビデオ顔負けのエロティックな映像を目にしてマダムたちの肌はますます火照り、半開きの唇から熱い吐息が漏れた。

298-6.jpg

壁に両手を突き、突き出したお尻を回転させる運動をしている時、恵理子の背後で恭子が脚を止めた。
「奥様、もっとお尻を大きく回転させてください」
「・・・あっ・・・」
突き出した尻の肉を恭子に鷲掴みにされて、恵理子は思わず昂ぶった声を出してしまった。
「ビデオと同じように、お尻で大きく円を描くつもりで」
恭子は恵理子の豊満な尻肉に細い指を食い込ませながら、ビデオの中の外国人男性のように卑猥に腰を動かし、股間を密着させてくる。

298-8.jpg

黒のストレッチパンツに包まれた恭子の股間には、もちろん外国人男性のようなたくましい盛り上がりはない。だが柔らかい尻肉に食い込んでくる恭子の指先の感触に全身の肌が熱く火照り、恵理子は贅肉がたっぷりとついた巨大な尻を艶かしい動きで回転させた。
「もっと、もっとセクシーに」
恭子に煽られた恵理子は何かに取り付かれたように無我夢中でレオタードに包まれた巨尻を振り乱していく。その動きの激しさに恵理子の吐く息が荒くなった。
「あぁっ」
偶然、恭子の右手の指先が尻の谷間へと沈み、恵理子の動きがピタリと止まった。レオタード越しとはいえ、細い指先でその部分を触れられた恵理子は、瞼の裏側に赤い火花が飛び散った。その瞬間、恵理子は性の悦びをはっきりと感じたのだ。

298-7.jpg


[ 2012/05/07 19:07 ] 妄想小説 | TB(0) | CM(2)

蟻の復讐(6)

徹底した焦らし責めの末、自慰行為でようやく絶頂へと到達した恵理子は、炬燵の天板の上にぐったりと横たわっている。壮絶な絶頂の余韻に放心状態となっている恵理子を見つめながら、邦夫は乾いた喉を冷たいビールで潤した。
股間の肉棒は未亡人の慎ましさを忘れて雄々しく勃起し、パンストのセンターシームに張り付いた亀頭がヒクヒクと痙攣している。そのすぐそばには絶頂後に排泄されたこけし人形が電動音を響かせ、天板の上を芋虫のように這い回っていた。

297-1.jpg

「随分と派手に悦んだな」
邦夫はこけし人形を手に取り、鼻先を近づける。可憐な少女の顔を形取った頭部は未亡人の樹液でしっぽりと濡れ、濃厚な淫臭を漂わせていた。
「よほどこの人形が気に入ったようだな」
「・・・あっ・・・」
淫靡に振動するこけし人形に太腿の内側を撫でられて、恵理子の白い喉が反り返った。邦夫に操られる淫具の先端が女のその部分に近づくと、未亡人の豊満な肉体はこけし人形に劣らない卑猥な動きで天板の上でくねり始める。

297-2.jpg

「お、お願いだから、少し休憩をさせて」
疲れを知らないこけし人形を熱気の冷めない菊の蕾に再び呑み込まされて、恵理子の全身の血がまた沸騰し始める。恵理子は人妻特有の柔らかい肉襞を膨らませてグロテスクな淫具を包み込むと、汗に濡れる髪を振り乱して唇を震わせた。
「あ・・・あぁ・・・だ、駄目・・・。そんなことされたら、また体に火が付いちゃう」
まだくすぶっている絶頂の残り火がこけし人形の振動に煽られて火勢を増していく。恵理子は邦夫に思いのままに操られる肉人形となって、天板の上で踊り続けた。

297-3.jpg

徹底した焦らし責めの次に恵理子を待っていたのは、終わりなのない悦楽地獄であった。まるで犬のように荒縄で柱に繋がれた恵理子の菊の蕾には淫靡な電動音を発するこけし人形がねじ込まれている。ずり落ちないようなパンストで固定されたこの電動こけしに、恵理子は幾度となく絶頂へと導かれているのだ。

297-4.jpg

「あ、あぁ、またいきそうっ」
こけし人形の動きにあわせて豊満な巨尻をうねらせる恵理子の姿を眺めて、邦夫は鼻息を荒くさせている。夫の葬儀が行われたその夜に未亡人を色狂いの淫乱女に仕立て上げた悦びに、股間の男根は勝利の雄叫びを上げているのだ。
だが邦夫は恵理子の豊満な肉体にむしゃぶりつきたい衝動をグッと堪えて、股間の火照りを冷えたビールで冷ましている。自分自身が気が狂いそうになる直前までじっくりと時間をかけて女を陵辱し、欲情が最高潮に達したところで一気に放出するのが邦夫のいつものやり方だった。邦夫は股間の欲情が煮えくり返り、こぼれ落ちそうになるその瞬間をじっと待った。

297-5.jpg

「い、いくっ」
もうこれが何度目も分からない大波に呑み込まれて、恵理子は絶頂へと昇り詰める。こけし人形を咥え込んだ菊の蕾からは沸騰した樹液が垂れ流し状態となっていて、黒のパンストや足元の畳をぐっしょりと濡らしている。
「お願いだからもう堪忍してくださいっ」
一向に出口の見えない色地獄をさまよい歩く恵理子は新しい飼い主に服従を誓う飼い犬のように、尻から突き出たこけし人形を邦夫の目の前で振り乱した。

297-6.jpg

部屋の中央に敷かれた布団の中に引きずり込まれた時には、恵理子は完全に発情し、自分を見失った。未亡人の豊満な肉体は陰湿な焦らし行為とバイブ責めよって完全に燃え上がり、沸騰した欲情が煮えくり返っている。加齢臭が染み込んだ布団に引きずり込まれ、邦夫に覆い被さられた時にはゾッとしたが、疼いた自身の肌が邦夫の毛むくじゃらの肌とぴったりと重なり合った時、そのとてもこの世のものとは思えぬ淫靡な摩擦に瞼の裏に真っ赤な火花が飛び散り、恵理子は邦夫の首筋にしがみ付いた。

297-7.jpg

「このジョリジョリがたまらないか?」
邦夫は恵理子の狂乱をすぐ間近で見つめながら、密着させた下半身を円を描くように動かしていく。へその下から肛門の周辺にまでびっしりと生えた剛毛に摩擦されて、恵理子は汗に濡れた喉元を反り返させる。
「あぁ、もうたまんないっ」
恵理子は両手を首に、両脚を腰に絡ませて邦夫を抱き寄せる。
「もっと、もっと擦って!」
抱き寄せた邦夫の下腹部に自分の下腹部を密着させてくる恵理子の卑猥な腰の動きに、邦夫は裂けた唇に嘲笑を浮かべた。

297-8.jpg

「旦那との時も、こんなに助平におねだりするのか?」
「あぁ、あの人のことは言わないで!」
夫の葬儀を終えてからまだ六時間ほどしか経っていないというのに、すでに他の男の男根を咥え込んでいる罪悪感に恵理子は声を張り上げる。だが鋼鉄と化した男根に反復運動を繰り返されると、罪悪感は体を燃え上がらせる媚薬となった。
恵理子は孝之との夫婦生活の時、孝之の綺麗な顔を見上げるのが好きだった。絶頂が近づくと恵理子は目を開き、顎先から汗が滴る夫の顔を見つめながら天国に到達するのだ。
たくましい反復運動に絶頂が近づいた恵理子は、いつもの癖で目を開いた。だが目の前には綺麗な顔をした孝之ではなく、唇が裂けた化け物の姿があった。

297-9.jpg

「ひ、ひぃっ!」
恵理子は邦夫のあまりの醜さに悲鳴を上げ、圧し掛かってくる男を払いのけようとした。だが邦夫はそれを許さず、上からの圧力で恵理子の動きを止めると、卑猥な下半身の動きで円を描いた。
「あぁ、それ、駄目、駄目なのっ」
剛毛に覆われた下腹部に勃起した肉棒を摩擦され、鋼鉄の男根で菊の蕾をえぐられて、恵理子は邦夫の手に堕ちた。
「いく、いく、いくわっ」
恵理子は黒のパンストに包まれた両脚をVの字に開脚しながら、孝之とは比べ物にならない邦夫の醜い顔を胸に抱き締めて天国へと昇っていった。(おわり)

297-10.jpg
[ 2012/05/02 17:47 ] 妄想小説 | TB(0) | CM(2)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。