FC2ブログ









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

蟻の復讐(5)

黒真珠を全て排出した後も、邦夫は異常なまでの執拗さで未亡人の熟れた肉体を弄んだ。
喪服を剥ぎ取られ、妖艶な黒のスリップ姿となった恵理子の白い肌の上を邦夫が操る鳥の羽根が這い回る。量感のある乳房から脇腹、あられもなく開脚させられた豊満な太腿の内側を淫靡に撫でさすってくる羽根の動きに恵理子はカチカチと音を立てて歯を噛み鳴らし、炬燵の天板の上で身をよじらせる。
「もう許して!おかしくなるっ」
焦らし狂わせるように直接その部分には触れず、周辺をくすぐる邦夫の技巧に恵理子は狂乱する。黒のパンストに透ける悩ましい茂みを整えるように撫で上げられた恵理子は、「ひぃっ!」と悲鳴を漏らして、天板からはしたなく腰を浮き上がらせた。

296-1.jpg

時刻は夜の八時を過ぎている。四時間に及ぶ色責めによって恵理子のプライドはズタズタに切り裂かれ、肉体は火柱のように激しく燃え盛っている。
ムッチリとした尻肉の谷間に潜む菊の蕾を羽根先で執拗にくすぐっていた邦夫はその少し上方に目を向けて、裂けた唇に勝ち誇った笑みを浮かべた。
現在の恵理子はパンティを剥ぎ取られ、黒のパンストを直穿きした状態である。その黒のパンストの股間部分には、未亡人の貞操を忘れた肉棒が雄々しく勃起していた。

296-2.jpg

「旦那の葬儀の夜にこんなに勃起させやがって」
「あひぃぃっ!」
邦夫がセンターシームにぴったりと張り付く肉棒の裏筋をくすぐり上げると、恵理子はつんざく様な悲鳴を張り上げて、天板の上に拘束された体を弓なりに硬直させる。
「あぁ、ほ、本当に気が狂いそうっ」
「気が狂いそうなぐらいに気持ちいいのか?このド助平未亡人め」
邦夫が操る鳥の羽根に裏筋を執拗にくすぐられて、肉棒の硬度がますます高まっていく。皮が捲れて剥き出しとなった亀頭は黒のナイロンにぴったりと張り付き、先端の割れ目にセンターシームが喰い込んでいる。その淫靡な摩擦に全身の血が煮え滾り、恵理子は悶え狂った。

296-3.jpg

邦夫は鳥の羽根を電動こけしに持ち代えてスイッチを入れた。
「・・・あぁ・・・」
くぐもった電動音が室内に響き渡ると、恵理子は硬く目を閉じて絶望の声を漏らした。
邦夫の淫靡な調教によって、恵理子の肉体はもう手の施しようがないほどに熱く燃え上がってしまっている。この状態でそんな道具を使われてしまえば、恵理子は完全に自分を見失い、この醜い男の目の前で醜態を晒すことになってしまうだろう。
(あなた、助けてっ)
恵理子は胸の中で、すでに白骨と化している夫に助けを求めたが、振動する淫具の先端を押し当てられると、絶望の叫びとは裏腹に未亡人の肉体は激しく燃え上がった。
「あぁっ」
邦夫が淫靡に振動するこけし人形の頭を尻肉の谷間に沈めると、火照った蕾はふっくらと膨らみ、少女の顔を形取った頭部を見る見るうちに飲み込んでいった。
「うぅっ!」
その瞬間、恵理子は溶鉱炉でドロドロに熱せられた鉄柱で串刺しされたような衝撃に襲われ、息を吸い込むこともできなくなった。
その衝撃はあまりにも壮絶で、恵理子はそれが快感なのか苦痛なのか区別がつかないぐらいであったが、邦夫がこけし人形を緩やかに操作し、肉襞を摩擦されると、それが今までに経験したことのない妖しい肉の悦楽であることをはっきりと知覚した。

296-4.jpg

「旦那が病気でしばらくご無沙汰だったんだな。こんなに派手に悦びやがって」
こけし人形に摩擦される肉襞からは沸騰した愛液が止め処なく溢れ出て、ピチャピチャと濡れた音が室内に響き渡る。自らの肉体が奏でるその卑猥な音を耳にする恵理子はまるで催眠術にかけられたかのように女の魔性を剥き出しにして、肉の悦楽を貪欲に貪ろうとする。
「あぁ、もう駄目。い、いきそうっ」
疼いた花襞を摩擦するこけし人形の振動にたちまち絶頂が近づいて、恵理子はハスキーなかすれ声で絶叫した。だがその瞬間、邦夫はスイッチを切って、こけし人形を引き上げさせた。
夫の葬儀の夜に意に反して肉体を燃やされ、プライドを粉々にされて絶頂を迎えようとした瞬間、燃え上がった体に冷水を浴びせかけられる。
「・・・い、意地悪・・・」
異常としか表現できない邦夫の陰湿しさに恵理子は唇を噛み締め、悔しげに嗚咽を漏らした。

296-5.jpg

邦夫の陰湿な焦らし行為はそれから三十分以上続いた。
燃え上がった肉体が冷却されるとこけし人形のスイッチが入れられる。そして絶頂が近づくとこけし人形のスイッチが無情にも切断されて、押し寄せていた大波が静かに引き上げていく。その行為を幾度となく繰り返される恵理子は全身汗まみれとなって、意識は朦朧状態となっている。

296-6.jpg

「・・・お、お願いだから、早く楽にさせて・・・」
これ以上焦らし行為を続けられれば本当に気が狂ってしまうと、恵理子は天板の上で悩ましく腰を振りながら、邦夫に訴えかけた。
「そんなに天国に昇りたいのか?」
邦夫が問いかけると、恵理子は何とも言えない妖艶な表情を大きく上下させる。今の恵理子は死んだ夫のことも子供たちのことも頭の中から消え去り、色事しか考えられなくなっている。徹底した淫虐責めで未亡人を狂乱状態に追い込み、色女に仕立て上げた悦びに、邦夫は脂ぎった顔面をほころばせた。
「その望みを叶えてやろう」
邦夫はそう言って、恵理子の両手を拘束していた荒縄を解くと、再び電動こけしのスイッチを入れた。
「あぁっ」
人妻の肉襞はもう二度と獲物は逃すまいと卑猥な収縮力を発揮してこけし人形を喰い絞める。その卑猥な肉襞を淫靡に振動する淫具に摩擦されて、恵理子は火のような熱い喘ぎを漏らした。

296-7.jpg

「いくっ、いくわっ」
閉じた瞼の裏にまばゆい閃光が走り、恵理子はついに絶頂に到達しようとする。だが邦夫はこの期に及んで、再びこけし人形を引き上げさせようとした。
「も、もういい加減にしてっ」
恵理子は自由になった両手を伸ばすと、邦夫からこけし人形を奪い取った。恵理子は一刻も早く絶頂へと到達しなければ心臓が止まってしまうとでもいった血走った表情で、奪いとったこけし人形を自らの指で濡れた花壷の奥深くへと沈めた。
「あぁっ」
激しく回転するこけし人形の頭部に女の源泉を掻き回されて、恵理子は悦びの声を絶叫する。恵理子は邦夫の存在すら忘れて、淫らな指の動きでこけし人形を操り、自慰行為に耽った。
「いく、いくっ、いっちゃう」
こけし人形を操る指の動きが激しくなり、炬燵の天板の上に未亡人の花汁が飛び散った。濃厚な淫臭が漂うその花汁を顔面全体に浴びながら、邦夫は恵理子のあられもない姿をしっかりと見届けた。

296-8.jpg


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[ 2012/04/21 15:09 ] 妄想小説 | TB(0) | CM(2)

蟻の復讐(4)

邦夫は炬燵の天板の上に恵理子を四つん這いにさせた。
喪服のスカートの裾は完全に捲れ上がり、年増未亡人の豊満な尻が目の前に剥き出しとなっている。モデルや女子大生といった秘密クラブの若い女性会員と比べると、目の前の恵理子の尻はこってりと脂肪が乗り、肉がだらしなくだぶついている。だが妖艶な黒のナイロンに包まれた未亡人の白い尻肉が、死んだ夫には与えられなかった快感にヒクヒクと震えている様子に、邦夫は若い女相手では感じたことのない黒い興奮を覚えた。
邦夫は興奮で鼻の穴が大きく開いた顔を目の前の巨大な尻に近づけた。まるで牝豚の発情期を確認するかのように。

295-5.jpg

恵理子が穿いている黒のショーツは尻肉を覆う部分がシースルーとなっていて、卑猥な菊の蕾がうっすらと透けている。牝豚は発情期には外陰部が赤く腫れ上がるが、恵理子の蕾も淫靡な股縄責めによってふっくらと膨れ、門が開いて、卑猥な紅色の肉が見え隠れしていた。
「ひ、ひぃっ!」
伸び放題となっている鼻毛を揺らす生温い鼻息を膨らんだ蕾に吹きかけられて、恵理子はカチカチと歯を噛み鳴らした。
「黒の下着がよくお似合いだよ。このド助平未亡人が」
邦夫は黒のショーツを横にずらすと、歪んだ唇をぴったりと押し当てて、膨らんだ蕾を吸い始めた。

295-4.jpg

「あぁ、そ、それは駄目っ」
パンスト越しとはいえ、縄の摩擦で火のように疼いている蕾を吸い上げられる恵理子は、突き上げた尻肉を狂ったように振り乱した。
ディスコクイーンと呼ばれていた学生時代、恵理子は毎晩のように男を代えて豪遊していた。その中の一人に藤木という二十代後半の男がいた。証券会社に勤めながら、個人でも不動産と株の売買をしていた藤木はまさにバブルの申し子のような男で、金の力でボディコン女たちを買い漁っていた。恵理子も藤木の金に吸い寄せられる女の一人で、ハリウッドの高級娼婦並の値段で股を開いた。

295-7.jpg

ある夜、ホテルのスイートルームでパーティーが開かれた。出席者は恵理子を含めた女が四人、男は藤木とその友人の二人であった。
高級シャンパンを水のように浴び、ディスコに出入りする外人から買ったマリファナを吸って六人の気分は異様に高揚していた。
やがて藤木がゲームをしようと言い出した。藤木ら男たちが女たちに命令を下す、その命令を実行すれば金が与えられるという王様ゲームであった。
藤木たちは女たちにキスをさせたり、互いの乳房を揉ませたりといった卑猥な命令を出したが、女たちは金欲しさにその卑猥な命令を忠実に実行した。王様の命令は次第に過激さを増し、それに連れて支給される賞金もうなぎ上りに上がっていった。
「誰か恵理子のケツの穴を舐めるんだ」
ゲームが始まって三十分が経過した頃、藤木が出した命令に女たちはさすがに凍り付いた。藤木の友人もさすがにそれはやり過ぎだろうと表情を強ばらせたが、藤木がスーツの胸ポケットから帯が巻かれたままの札束を取り出すと、順子という女が名乗りを上げた。順子と恵理子は同じ短大に通う友人であった。

295-10.jpg

「お前の方はどうなんだ、恵理子。百万円でケツの穴を舐めさせる気はあるのか?」
藤木が別の札束を胸ポケットから取り出すと、恵理子は王様に挑みかかるような鋭い視線を投げかけ、ソファーに座る順子の前でテーブルに両手をついて、ボディコンに包まれた尻を突き出した。
「ただ舐めるだけじゃ金はやらねえからな。ケツの穴を舐め回して、恵理子を昇天させるんだ」
順子は王様の指示に従い、Tバックをずらして派手な口紅が塗られた唇で恵理子の蕾に接吻すると、ソープ嬢のような濃厚なテクニックを駆使し始めた。
「なあ、これで分かっただろ?世の中は金だよ。金さえあれば何だって手に入るんだ」
友人に得意気に話しかける藤木の声を聞きながら、恵理子はワンレンの髪を振り乱した。赤い唇から這い出る舌先に花肉をえぐられる恵理子は、テーブルの上の百万円を握り締めて昇天した。

295-11.jpg

孝之の病が発覚する一年ほど前、恵理子は同窓会で順子と再会した。順子は短大を卒業後、役所に勤める平凡な男と結婚し、三人の子供の母親になっていた。量販店で買った安物のパーティースーツを着た順子は年相応の中年女となっていた。
藤木は不動者取引で膨大な負債を抱え、自己破産して、今は町工場で働いていると順子に聞かされた。バブルが弾けた後、夢のような時代を懐かしみながら、みんなそれぞれの人生を歩んできたわけだが、恵理子だけはあの時代から何も変わっていなかった。恵理子は今も金のために四つん這いとなり、突き出した尻の穴を舐められているのだ。
あの頃と違うのはボディコンが喪服に変わったことと、尻の穴を舐めているのが口紅が塗られた唇から裂けた唇に変わったことだけであった。邦夫はざらついた舌先で花肉を掻き回し、溢れ出る愛液を捲れ上がった唇で吸い上げる。・
「あぁ、もう駄目っ」
恵理子はあの夜と同じように屈辱にまみれながら、尻の穴を舐められて昇天した。

295-1.jpg

邦夫は未亡人の胸元を飾る黒真珠のネックレスを外すと、その一粒、一粒を蕾の中に埋めていった。
恵理子は三十センチ以上はあるネックレスを全て飲み込まされ、菊の蕾からは結合部の金具だけが垂れ下がっている。邦夫はその金具を手に取り、高級松茸を引き抜くような慎重さで引っ張った。
菊の蕾が卑猥に膨張し、深い皺が刻まれた門が開いて、まず一つ目の黒真珠が姿を現した。まるで海カメが卵を産み落とすように。
「あぁっ」
黒真珠の粒が菊門を通過する時に生じた摩擦に、突き上げた恵理子の尻肉がヒクヒクと痙攣する。
「もっとじゃんじゃん卵を産むんだよ」
邦夫は痙攣する尻肉を平手打ちし、次は自分の力で真珠を排出するよう命令した。

295-3.jpg

「酷い。こんなの酷いわ」
あまりの羞恥と屈辱に耐えられなくなって、恵理子はついに声を上げて泣き出してしまった。だがかつて自分を馬鹿にしたキリギリスへの復讐しか眼中にない男にはその涙は何の役目も果たさず、邦夫は恵理子のケツの穴の前で悠然と煙草を吹かした。
「早く出さないと、真珠が臭くなって使い物にならなくなるぞ」
この男には涙も慈悲も何も通用しない。その事実を痛感した恵理子は悪魔に魂を売り飛ばして、邦夫の鋭い視線が注がれる菊の蕾に力を込めた。
「あぁ、見ないでっ」
その力に押し出されて、二粒目の真珠が肛門を押し開く感覚を恵理子ははっきりと知覚した。その感覚がとてもこの世のものとは思えぬ陰湿な被虐性の疼きを呼んで、恵理子は炬燵の天板の上に涎を垂らした。
自らの力で真珠を産み落とした時、力みすぎたために二粒、三粒、四粒と黒真珠が連続で菊の門を通過した。その摩擦に腰骨が甘く痺れ、股間の肉棒が雄々しく勃起した。
「また随分とたくさん産みやがったな。ケツの穴が緩んでるんじゃないのか」
邦夫の荒い鼻息に肛門から垂れる黒真珠が揺れている。その表面は白濁のベールに包まれていた。

295-2.jpg
[ 2012/04/03 14:18 ] 妄想小説 | TB(0) | CM(3)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。