FC2ブログ









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

極道の妻(1)

「は?何か言ったか?」
競艇のレース結果を食い入るように見つめていた宮下吾郎は、テレビの方に捻っていた首を元に戻した。
「やだ、聞いてなかったの?」
キッチンのテーブルを挟んで宮下と向かい合う形で座っている恵理子は不服そうな表情を浮かべた。
「あまり派手にこの家に出入りしない方がいいって言ったのよ」
恵理子は真っ赤な口紅が塗られた妖艶な唇から白い煙を吐き出し、もう一度同じ言葉を繰り返した。

238-3.jpg

「どうしてだ?」
恵理子の忠告に、宮下は意外そうな表情を浮かべる。頭髪を剃り上げたスキンヘッドと異様に薄い眉、そして相手を威圧する攻撃的で鋭い眼光が、宮下が堅気の人間でないことを物語っている。目が痛くなるような派手な柄物シャツの胸元から、毒々しい刺青が覗いていた。
「こんな時期だから、色々と周りの目がうるさいでしょう」
「くだらねえ。そんな事か」
「くだらないじゃないわよ。組員たちの間で、私とあんたが出来てるって噂になってるの知らないの?」
恵理子の口調には、駄々をこねる子供を諭す母親の威厳のような響きがある。それもその筈で、恵理子は北陸圏に勢力を張る青木組三代目組長の妻であり、宮下は三百人を越える青木組組員のうちの一人でしかないのだ。
正確に言えば、今の恵理子は青木組組長の妻ではない。恵理子の夫で青木組の三代目組長である武雄は脳梗塞を患い、半年間の入院生活の後、ちょうど一ヶ月前にこの世を去っているのだ。

238-2.jpg

青木組四代目組長は、武雄の四十九日法要が終わった後に、未亡人である恵理子が指名することになっている。通常であれば若頭である坂西勝彦が四代目の最有力候補になるのだが、ここにきて若頭補佐の一人である宮下の名前が急浮上していた。
「先代が死んでまだ一ヶ月だというのに、私とあんたの仲が公になったら、跡目相続に遺恨が残るでしょう?」
恵理子は煙草を揉み消すと、コーヒーのお代わりを入れるために流し台に立った。
「ふん、噂を気にして極道をやってられるかよ」
宮下は苦い表情を浮かべ、コーヒーを入れる恵理子の後ろ姿に鼻を鳴らした。

238-1.jpg

「あ、な、何よ!?」
突然、背後から抱きつかれた恵理子は、ティーカップを落としそうになった。
「噂がこの疼いた体を鎮めてくれるとでもいうのか?」
宮下はブラウス越しに量感のある乳房を揉み上げ、甘ったるい香水が匂い立つうなじに分厚い唇を押し付ける。
「だ、駄目よ。こんな明るいうちから・・・あ、あぁっ」
「この熟れきった体を満足させられるのは、この俺しかいないんだぜ」
宮下はそう言ってロングスカートを捲し上げると、露になった尻肉の谷間に股間を押し当てていく。
「あぁ・・・」
すでに鉄のように硬化している宮下の力強さに、恵理子の赤い唇から熱い吐息が漏れた。

238-4.jpg

「あぁ、あんたっ」
流し台の上に上半身を倒し、突き出した尻を淫らに振り乱す恵理子の姿を、宮下は満足気に眺めている。宮下は椅子に腰を下ろしながら、妖艶な黒のパンストに包まれた豊満な尻肉に十本の指先を食い込ませ、絶妙の力加減で揉みしだいていく。もうそれだけでトロトロに溶け始めている恵理子は、エレガントにセットされたカールヘアーを振り乱した。
「相変わらずド助平な体だな」
宮下は前屈みになって顔を近づけ、火照った尻肉に細い息を吹きかける。すると恵理子はビクンと全身を痙攣させ、「じ、焦らさないでっ」と悲痛な悲鳴を張り上げた。

238-5.jpg

「親父が半年間入院していただけで狂いそうになっていたこの体を抱えて、これから一人で生きていけると思ってるのか?」
振り乱れる尻肉を両手でがっちりと鷲掴みすると、宮下は分厚い唇で荒々しい接吻の雨を降らせていく。
「あ、あんたが私をこんな体に・・・」
恵理子は表情に悔しさを滲ませるが、分厚い唇の卑猥な吸着力に、女の悦びを知り尽くした豊満な肉体は激しく燃え上がっていく。

238-6.jpg

組長の妻である恵理子と組員の宮下が男と女の仲になったのは三カ月前。場所は三代目が療養する病院の一室である。その日、恵理子は見舞いにやって宮下に、夫の目の前で力づくで犯されてしまったのである。
病室に入ってきた宮下は、恵理子の頬を何度も平手打ちして見舞い客用のソファーの上に押し倒した。
当然、恵理子は激しく抵抗したが腕力で敵うはずもなく、着ていた洋服を無残に引き裂かれた。
ようやく恵理子がおとなしくなったのは、宮下がズボンのファスナーを下ろした時であった。
「親父がこんな体になってから、姐さんが睡眠薬なしじゃ夜も眠れなくなってるのは知ってるんだよ」
宮下は恵理子の前に仁王立ちすると、ファスナーを降ろして男根を取り出した。
宮下の男根はすでに荒々しく勃起していて、凶器のような鋭い反り返りを見せている。太い血管が脈打つ黒光りする肉茎には、幾つもの真珠が埋め込まれていた。

238-7.jpg

「コレが欲しいんだろう?」
恵理子の後頭部を抱え込んだ宮下は、自慢の男根を薄く血が滲む唇に押し当てる。これまで何かと面倒を見てきたやった宮下の思いもよらない反逆に頭に血が昇っている恵理子は、突き出された男根を噛み切ってやろうと思った。だがそうする事は出来なかった。
恵理子が宮下に襲われる一部始終を青木組三代目組長である武雄は、ベッドの上から何も言わずにじっと見つめている。左脳に広範囲の出血を起こして病院に担ぎ込まれた武雄は、言語と右半身の感覚と運動、そして男の機能を失ってしまったのだ。
銀座の一流クラブでママをしていた恵理子は客であった武雄にその道のセックスを教え込まれ、極道の妻となった。武雄に通常では味わえない壮絶な女の悦びを教え込まれた肉体は、たった一週間肉の接触がないだけでどうしようもなく疼いた。武雄が植物人間同然の体となって三ヶ月が過ぎたこの頃、妻の恵理子は宮下が言うとおり睡眠薬なしでは眠れない体となっていたのだ。
恵理子の目の前に、黒光りする宮下の男根が反り返っている。荒々しい傘を開いた亀頭部分から蒸せ返るほどの男臭さが臭い立っていて、恵理子は自分を見失ってしまった。
「あぁ・・・」
恵理子は火傷しそうなぐらいに熱くなっている宮下の感触を指先で確かめると、濁った目でじっとこちらを見ている夫の姿を掻き消すように目を閉じ、宮下を唇に含んだ。
その夜、恵理子は夫の目の前で一晩中犯され続け、宮下から離れられない体にされてしまった。

238-9.jpg

「あぁ、早く、早く頂戴っ」
宮下はムッチリと脂が乗った肉感的な太腿の内側を、恵理子を焦らし狂わせるようにくすぐり続けている。この三ヶ月で弱点を知り尽くされた宮下の巧みな愛撫に恵理子は燃え上がり、もう立っているのも辛いといった状態で、両膝を小刻みに震わせている。
「まだだよ。気が狂うぐらいに焦らされるのが好きなんだろう?」
青木組三代目組長の妻として君臨する恵理子は世間一般からはもちろん、組員の間からも恐れられる存在である。だが宮下はそんな恵理子の肉体に被虐に歓喜する淫らな血が流れている事を知っている。三ヶ月前のあの夜、夫の前で宮下に犯されながら、恵理子は数え切れないほど何度も絶頂へと昇り詰めた。

238-8.jpg

「あぁ、早く!もうすぐ一郎が帰ってくるかもしれないわ」
一郎とは恵理子が武雄との間にもうけた長男の名前である。昨年、高校を卒業した一郎は地元ではトップクラスの偏差値を誇るN大学に通っている。N大学の学長と親交を持っていた武雄が、多額の金を積んだのだ。
「息子に母親のこの淫らな姿を見せ付けてやろうか?」
恵理子の股間には、宮下に負けないぐらいに硬く勃起した肉棒が黒のTバックショーツからはみ出て、亀頭部分が黒のパンストにぴったりと張り付いている。
「どうだ、息子にこのチンポをしゃぶってもらうか?」
宮下はそう言って黒のパンストごと肉棒を掌で包み込むと、またも絶妙の力加減でしごき始めた。
「ヒィッ!もっと、もっと虐めて!」
宮下の卑猥な言葉責めと指使いに恵理子は完全に燃え上がり、赤い唇から涎を垂れ流して悶え狂った。

238-10.jpg
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[ 2011/07/28 19:48 ] 妄想小説 | TB(0) | CM(0)

横領の代償(4)

有田の淫虐な責めに血を吐く思いで耐えていた恵理子だったが、一度快楽源を突き破られると、後は坂道を転げるように色地獄へと堕ちていった。
「お、お願いだからもうこの機械を止めて!あ、あぁっ」
恵理子が絶頂を極めた後も、有田は電動マッサージ器のスイッチを切ろうとはしない。人間の指では決して生み出すことのできない淫靡な振動に揉み抜かれ、恵理子の肉棒は射精の余韻に浸る間もなく勃起を続けている。豊満な下半身に張り付いた黒のパンストにはザーメンの汚れが広がって、蒸れた淫臭が室内に漂った。

236-1.jpg

「凄い乱れようやないか。旦那に満足させて貰ってへんのと違うか?」
有田は悶え狂う恵理子を背後から抱き締め、耳元に生臭い息を吹きかける。有田の右手にはいつの間にか電動こけしが握られている。有田がスイッチを入れると、電動こけしは何とも卑猥な動きで頭を振り始める。その動きを見せ付けられる恵理子の耳たぶが真っ赤に火照った。
「前ばかりやのうて、後ろも責められたいやろ?」
有田はムッチリと脂が乗った太腿を電動こけしで撫で回し、徐々にその先端を人妻の蕾へと近づけていった。

236-2.jpg

有田はM字開脚に縛り付けた恵理子の下半身を血走った目で犯した。
ケバケバしい豹柄のパンティと薄い黒のパンストに包まれた豊満な下半身は、鶏がらのように痩せ細り、白やベージュといった地味な下着しか穿かない女房と同じ女とは思えない妖艶な色気がプンプンと匂い立っている。有田はこの豊満な巨尻を自分のものにした悦びに打ち震えた。
「そろそろ御開帳といこうか」
有田は黒のパンストを力任せに引き破り、最後の砦である豹柄のパンティに指をかけた。
執拗な調教を受けてすっかり骨抜きにされてしまっている恵理子だが、有田の目の前で全てを曝け出す屈辱と羞恥にさすがに血の気が引いて、表情が怖いぐらいに引きつっている。

236-3.jpg

「や、やめて!それだけは堪忍して!」
「今更、何を言うとるんや。使い込んで黒ずんだケツの穴を見られるのがそんなに恥ずかしいんか?」
嗜虐の悦びに醜い顔をニヤつかせる有田は、豹柄の布地を横にずらして、恵理子の薔薇の蕾を露にする。
「ほう、想像していたとおり、助平なケツの穴をしてるやないか」
有田は蕾の淵に指を沿わせ、Vの字に広げていった。剥き出しにされた蕾の粘膜には人妻特有のメラニン色素が沈殿し、豊潤で淫らな花びらを咲かせている。
「あんただけは絶対に許さないからね!」
恵理子はあまりの恥ずかしさにカッと頭に血が昇り、思わず罵声を張り上げる。
「ケツの穴を剥き出しにされてまだそんな口がきけるとはたいしたもんや」
有田は右手の中指を自分の唇にくわえ込んで舐め回すと、唾液で濡れたその指先を豊満な尻肉の谷間に潜む蕾に一気に突き刺した。
「アヒィィッ!」
その瞬間、恵理子は金属バッドで腰骨を打ち砕かれたような衝撃を受け、瞼の裏側に閃光が走った。
「そやけど使い込んでいるわりには締まりはええやないか。旦那のチンポ、小さいんと違うか?」
有田は突き刺した中指を不規則に動かして、指に吸い付いてくる人妻の花びらをゆっくりと掻き回した。

236-4.jpg

壁時計の針は夜の九時を大きく回っている。有田がマッサージを開始して、すでに三十分が過ぎようとしていた。
「ワシのチンポは旦那と違って、ぶっとくて硬いからな。よう揉み解して、ケツの穴を広げんとな」
有田はローションを垂らした薔薇の蕾を指で揉み解し、またローションを垂らすという作業を執拗に繰り返している。
恵理子は毛穴から噴き出る脂汗で全身をぐっしょりと濡らしながら、失神寸前に追い詰められている。激しかった有田への憎しみと怒りは跡形もなく消え去り、代わって全身を煮え滾らせる官能の疼きが恵理子を支配していた。恵理子は有田の巧妙な指先の動きに合わせて、豊満な尻肉を淫らにうねり狂わせている。

236-5.jpg

「もうそろそろええやろ」
有田はようやく蕾から指を引き上げさせた。二本の指を咥え込んでいた恵理子の蕾はパックリと門が開き、剥き出しとなった花肉がヒクヒクとした痙攣を見せている。
「指の次はこいつや」
有田は先ほどの電動こけしを手に取り、恵理子の目の前でローションを垂らした。
「私、こ、怖いわ」
顔の前に突き出されたグロテスクな淫具から、恵理子はサッと目を逸らした。
執拗な指先のマッサージによって、恵理子の蕾はドロドロに溶けてしまっている。その蕾にグロテスクな淫具を沈められれば、自分は一体どうなってしまうのだろうという恐怖に恵理子は襲われたのだ。
「天国に昇れるんやから何も怖がることはあらへん。旦那では味わえへん天国にな」
有田は残忍さと卑猥さが入り混じった笑みを唇に浮かべた。
夫は今日の早朝、九州地方への配達に出かけていった。今頃、疲れた体に鞭を打って大型トラックのハンドルを握る夫の姿が、チラッと恵理子の脳裏をよぎった。
「あぁっ」
だが夫の姿は、電動こけしの先端を蕾に押し当てられた瞬間、木っ端微塵に吹き飛んでしまった。夫の小ぶりな亀頭とは比べようのないこけしの大きな頭で蕾の門を押し広げられ、イボイボの胴体を沈められた恵理子の全身に、火のような戦慄が走ったのだ。
「どや、こけしの味は?旦那とは比べ物にならんやろ?」
有田は狂乱する恵理子の姿を見下ろしながら、電動こけしのスイッチを入れた。

236-6.jpg

「あひぃぃぃっ!」
左右に激しく振り乱れるこけしの頭と、胴体部分のイボイボに狭苦しい粘膜を摩擦されて、恵理子は完全に自分を見失った。恵理子を性奴隷にするべく、様々な責めを施す有田だが、恵理子の反応はその有田が思わず息を飲むほどの壮絶なものであった。
「あぁ、死んじゃう!ねえ、殺して!」
恵理子は狂乱状態に陥り、完全に色地獄へと堕ちた。だがこの場に及んでも、有田は病的とも言える嗜虐性を発揮する。有田は恵理子の蕾に沈めた電動こけしを少しずつ引き上げにかかったのだ。
「嫌、嫌よ!抜かないで!お願いだから抜かないで!」
九合目まで到達している恵理子は、恥もプライドもかなぐり捨て、天国に昇り詰めることだけを切願した。だが有田はそんな恵理子を嘲笑うかのように、こけしの三分の二を意地悪く引き上げさせる。
「意地悪!社長の意地悪!」
「いきたかったら、しっかりとこけしを喰い閉めるんや」
有田はこけしを三分の一だけ残した状態で手を離した。あとほんの少しで天国へと到達できる恵理子は歯を食い縛り、花びらを淫らに収縮させて、淫具を食い絞める。
「あぁ、だ、駄目、ぬ、抜けちゃう!」
無情にも電動こけしに塗り込まれたローションの滑りが花びらの収縮力を上回り、淫具はスポンと音を立てて、蕾から放出された。
「あぁ・・・」
まさに絶頂寸前で獲物を逃した恵理子は、床の上で頭をうねり狂わせるこけし人形を恨めしそうに見つめた。

236-7.jpg

電動こけしでは後一歩のところで天国へと到達できなかっが、その分、恵理子は社長の有田に嫌と言うほど絶頂を味わわされた。
壁時計の針は十時半を回っている。恵理子はもう一時間以上も有田と一つに繋がって、終わりのない悦楽地獄を彷徨っているのだ。
「あぁ、またいくっ」
Mの字に両脚を開いた形のままで、黒光する有田の男根に下から突き上げられる恵理子は、汗ばんだうなじを反り返らせ、悲壮な声を漏らした。
「何や、またいったんか?ほんまにド助平な女やで」
有田は小刻みに痙攣する恵理子を背後から抱き締め、すえた加齢臭が漂う汗ばんだ肌を擦りつけた。
「これで何回目の天国や?ワシはまだ一回もいかせて貰ってへんぞ」
恵理子は結婚生活が二十年を過ぎた現在でも、夫との間に月に十回ほどの夫婦生活を営んでいる。四十半ばを過ぎても体力に自信を持っている夫は、行為が終わった後、「お前は絶倫の旦那を持って幸せやな」と冗談半分に自慢することがあるが、夫の精力など有田に比べれば子供だましに過ぎなかった。恵理子は夫とは比べ物にならない有田の強さを身をもって教えられた。有田は本物の絶倫男であったのだ。
「ワシもたいがい助平やけど、お前には負けるわ。またこんなにチンポが硬くなっとるやないか」
有田は再び腰の上下運動を再開しながら、恵理子の股間に手を伸ばすと、荒々しく勃起した肉棒を掌に包み込み、しごき始める。
「あぁ、もう堪忍、堪忍して」
恵理子は絶頂の余韻に浸ることも許されず、打ち寄せる新たな官能の波に飲み込まれていった。 (おわり)

236-8.jpg

[ 2011/07/20 20:49 ] 妄想小説 | TB(0) | CM(4)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。