FC2ブログ









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

写真撮影

早く新しい記事を更新したいのですが、今は撮影に夢中で時間が取れません。
年明けから、かなりのハイペースで撮影をしています。
少しでも写真をレベルアップしたいと、アングルや光などににこだわって撮影しているのですが、何分素人ですので、時間だけがかかって仕方ないです。でも納得のいく写真が撮れた時には、軽いエクスタシーに達してしまいます。
撮影した写真をほんの一部ですがアップさせてもらいます。

270-5.jpg

270-4.jpg

270-3.jpg

270-2.jpg

270-1.jpg


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

[ 2012/01/05 19:10 ] 日記 | TB(0) | CM(4)

2人の恵理子

写真速報弟2弾です。
パンストフェチのM男を甚振る私と、
浮浪者の臭いザーメンを浴びる私、
どちらも私の理想の恵理子像です。

219-2.jpg

219-1.jpg



[ 2011/05/06 21:04 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

教育ママ

大型連休もあっという間に残り僅かとなりましたが、みなさんはどのよう休日をお過ごしでしょうか?
私はこの連休、久しぶりに撮影を楽しんでいます。
その中から1枚の写真を速報でアップします。
この写真は、PTAの役員である教育ママが学校の悪ガキたちに弱みを握られ、破廉恥な行為を強要されるというストーリーをイメージしました。
奇抜な服装で真昼間の公園を散歩させられる教育ママは携帯電話で露出やオナニーを命令されます。その姿を公園に住む浮浪者に見られて・・・・。

218-1.jpg
[ 2011/05/06 14:34 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ある変態との出会い

本当かどうか分からないけれど、初老の男は、自分は医者だと言った。
その日、私は某出会い系掲示板で知り合った松井と名乗る男と国道沿いの寂れた喫茶店で待ち合わせをした。そのすぐ近くには、ラブホテルのケバケバしいネオンがきらめいている。
「写真で見るよりもケバイね。いいよ、ワシの好みだ」
松井は恵理子になった私を目で犯しながら、スーツの内ポケットから小さな紙袋を取り出した。

211-1.jpg

「この薬を飲みなさい。セックスの時、とてもよくなるから」
松井はそう言って怪しげな錠剤を私に手渡した。松井はその薬を軽い性欲剤だと言ったが、本当かどうか分かったものではない。そもそも松井が本当に医者かどうかも、私には確かめようがないのだ。
私は少し躊躇したが、まさか薬1錠で死ぬ事はないだろうとその薬を飲んだ。それを見届けた松井はニヤリとして、「そろそろ出ようか」と席を立った。

211-2.jpg

ラブホテルの部屋に入ってから、私たちは缶ビールを呑みながら、壁掛けの液晶テレビでアダルトビデオを鑑賞していた。松井は酒臭い息を吐きながら、ネチネチと私の体に絡み付いてくる。画面の中でセールスマンに犯される人妻と同じように太腿を撫でられ、耳たぶやうなじに接吻の雨を降らされて、私の欲情は少しずつ燃え上がっていった。
「ちょっと待って。先にトイレに行ってくる」
先ほどから尿意を感じていた私はソファーから立ち上がろうとした。その私の右手を松井ががっちりと鷲掴みにした。
「わざわざトイレに行く必要はない。ここでしなさい」
松井のその言葉を聞いて、全身から血の気が引いた。

211-3.jpg

私は松井が持参してきた手錠と足枷で、手足の自由を奪われてしまった。
時間の経過とともに尿意はますます激しくなって、私は松井に登らされたテーブルの上で膝を折り、悶絶した。
「あぁ、お願い、おトイレに行かせてっ」
既に尿意は限界近くにまで来ていて、体を支えるヒールは小刻みに震え、額には脂汗が滲んでいる。私が悶え苦しむ姿を、松井は缶ビールを片手に痛快な表情で眺めていた。

211-4.jpg

「さっき飲んだ薬は利尿剤だよ。ほら、もう漏れそうなんだろ?我慢は体によくないから、早く出しなさい」
松井はそう言って、私の股の間に手を伸ばしてきた。
「こ、こんな時にやめてっ」
とても色事を考えるゆとりのない私は体を悶えさせ、松井をキッと睨みつける。だがどういうわけかいやらしい手つきで股間を撫で回されると、壮絶な生理的苦痛の中に、官能の疼きがジーンとこみ上げてきた。
「ヒヒヒ、体はそうは言ってないがな」
松井はパンティにくっきりと浮かび上がった肉棒を鷲掴み、手を動かし始める。その手の動きに悔しくも欲情を煽られて、私はウィッグを振り乱した。

211-5.jpg

「あぁ、で、出るっ」
腰骨が痺れ、ついに限界を超えてしまった私の太腿に生温かい液体が流れ始める。その滴は徐々に勢いを増し、ついには大洪水となってテーブルを叩いた。
「・・・あぁ・・・」
生まれて初めて人前で失禁を演じてしまった私は、その羞恥と生理的地獄から解放された安堵感とでがっくりと首を落とした。

211-6.jpg

「ほう、思っていたよりたくさん出したね」
出会った女装子に利尿剤を飲ませ、おしっこを我慢して悶え苦しむ姿を見るのが何よりも興奮するという変態医師の目は異様に血走っている。
「あぁ、臭い、臭いよ。若い子と違って、年増のおかまの小便は臭いがきついな。あぁ、たまらない、たまらないよ、恵理子様っ」
松井は不意に床の上に四つん這いになると、テーブルの上に広がっている汚水に顔を近づけ、犬のようにクンクンと鼻を鳴らしてその臭いを嗅ぎ始めた。  (おわり)

211-7.jpg

[ 2011/04/12 14:46 ] 日記 | TB(0) | CM(1)

年増女の臭い

着替えを終えて部屋に入ると良子の目がギラリと光った。
とある官公庁の事務員をしている良子は今年56歳。気の強い性格と派手な男遊びが原因で、これまでに2度の離婚歴がある。彼女が産んだ3人の子供たちは2人の夫が養育し、すでに全員が社会人となっている。彼女は公務員の給料と複数の愛人から支給される手当てとで、悠々自適な独身生活を送っているのだ。

206-1.jpg

「へえ、オカマをこんな間近で見たのは初めてやわ」
場末のラブホテルの薄暗い一室で良子は煙草を吹かしながら、恵理子になった私を舐めるように眺めた。
「パンストが好きやから、こんな変態になったんやろ?」
共通の知人から私の性癖を聞いている彼女は厚化粧の顔に嘲笑を浮かべ、灰皿に煙草を揉み消した。ムッチリと脂肪が乗った短い脚は、ダークグレーのパンストに包まれている。
「私のパンストで、オナニーして見せてよ」
彼女は薄皮を剥ぐようにパンストを脱ぎ、私に向かって放り投げた。

206-3.jpg

私は丸まったナイロンを鼻に押し当て、命令どおり自慰行為を始めた。
直前まで良子の豊満な下半身に張り付いていたパンストには彼女の体温と体臭が残っている。夜の女が好んで使いそうな香水の中に、50を過ぎた年増女の蒸れた汗とすえた体臭が混在していて、強烈な悪臭が鼻の奥に充満した。

206-4.jpg

私は良子の悪臭を貪りながら、マニュキュアを塗った指で肉棒をしごき始めた。
良子の悪臭は麻薬だった。知人によれば、良子はとんでもない床上手であるという。男たちは良子が危険な女であると警戒しながら、この悪臭を嗅がされ、正常な判断を失って蟻地獄へとはまっていくのだろう。
良子の悪臭に欲情が沸点に達した私は、硬く勃起してきた肉棒にダークグレーのパンストを巻きつけ、夢中でしごき続ける。パンパンに張った亀頭をナイロンで擦られる妖しい刺激に腰は砕け、唇から涎が垂れ落ちた。
良子はパンストを頭から被るように命じた。私の情けない姿に良子はケタケタと笑い声を上げている。私は年増女の嘲笑を浴びながら、こみ上げてくる悦びで、彼女のパンストを汚した。

206-5.jpg

206-2.jpg



[ 2011/04/07 00:13 ] 日記 | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。